Fujitsu F01J Mobile Phone User Manual Part II

Fujitsu Limited Mobile Phone Users Manual Part II

Contents

Users Manual_Part II

アプリ
101
お知らせ
画面を左右にフリックすると、静止画撮影/動画撮影に
切り替えられます。
◆ 動画のオート撮影機能
次の動画撮影の機能については、本端末が自動的に調整し
て録画できます。
録画音声は常にONの状態です。
■ オートフォーカス
録画前や録画中に画面中央にピント合わせを行います。
■ ホワイトバランス
さまざまな光源(太陽光、曇り、電球や蛍光灯のような人
工的な光など)の下で、より自然な色合いで録画できるよ
うに自動的に調整します。
■ ちらつき調整
蛍光灯などの照明下で、ちらつきや縞模様が現れるフリッ
カー現象を抑えて撮影できます。
◆ 動画の撮影設定
動画撮影画面に表示されている[MENU]をタップして、
撮影時の次の設定を変更できます。
組み合わせにより選択できない項目があります。
インカメラでは設定できない項目があります。
■ 撮影モード
静止画/連写/動画/パノラマ/QRコードから撮影モー
ドをタップして選択します。
■ 撮影サイズ
撮影サイズを選択します。
■ラ
暗い所で録画する際に、撮影ライトを点灯するかを設定し
ます。
■ HDR撮影
画面の明暗部を調整して、逆光のシーンでも黒つぶれを抑
えた動画になるように設定します。
■ 手ぶれ補正
手ぶれ補正機能を利用するかを設定します。
■保
録画データの保存先(本体/SDカード)を選択します。
選択した保存先の空き容量が足りなくなったときは、そ
の旨を表示して一時的に保存先を切り替えます(ただ
し、動画撮影中は録画を停止します)
■ 露出/WB調整
撮影画面の露出補正( )/ホワイトバランス調整( )
アイコンの表示を設定します。
アプリ
102
◆ QRコードリーダー
QRコードのデータを読み取り、利用できます。
QRコードのバージョン(種類やサイズ)によっては読
み取れない場合があります。
傷、汚れ、破損、印刷の品質、光の反射などにより読み
取れない場合があります。
QRコードの読み取り
被写体(QRコード)からカメラを約10cm以上離して
読み取ってください。
QRコードが読み取りにくい場合は、QRコードとカメラ
の距離、角度、方向などの調節により、読み取れること
があります。
1
ホーム画面で[カメラ]
2
[MENU][QRコード]
QRコード撮影画面が表示されます。
3
撮影画面にQRコードを表示スキャン
読み取りが完了すると確認音が鳴り、読み取り結果画
面が表示されます。
分割されたデータを読み取るとき:
複数(最大16個)のQRコードに分割されているデー
タを連結して表示できます。未取得のデータがある場
合、続けて読み取ってください。
QRコード撮影画面を閉じる:[←]
QRコードの読み取りに設定する前の撮影モードに
戻ります。
ライトの点灯/消灯:[メニュー][ライト ON]
/[ライト OFF]
4
読み取りデータを確認
データの保存:読み取り結果画面で[メニュー]
[履歴を保存]履歴欄をタップ
履歴の表示:QRコード撮影画面で[メニュー]
[履歴]履歴を選択
QRコードデータの主な利用
読み取り結果画面で、読み取ったQRコードデータを利用
します。
読み取ったデータによって、表示されるメニューは異な
ります。
電話帳に一括登録:[メニュー][電話帳一括登録]
電話帳を登録
メールの作成:メールアドレスを選択メールを作成
サイトまたはホームページに接続:URLを選択
電話をかける:電話番号を選択
アプリ
103
カメラで撮影した静止画や動画、本端末にダウンロードし
た静止画や動画を表示/再生します。
次のファイル形式のデータを表示/再生できます。ただ
し、ファイルによっては表示/再生できない場合があり
ます。
静止画:JPEG、BMP、GIF、PNG、WEBP
動画:H.263、H.264、H.265、MPEG-4、
WMV9、VC-1、VP8
※ GIFアニメーションは再生できません。
◆ 静止画表示/動画再生
1
ホーム画面で [アルバム-Scene]
2
画像を選択
画像一覧画面が表示されます。
前後の画像に切り替えるには、画面を左右にフリッ
クします。
ピンチイン/ピンチアウトで縮小/拡大します。
動画は をタップして再生します。音量キーを押し
て音量を調節したり、表示されるアイコンやスライ
ダーで再生、一時停止、早戻し、早送りなどの操作
をします。
■ 主なアイコンと機能
※1:写真一覧、アルバム一覧、設定などの画面へ切り
替え
※2:アップデートや共有アルバムへのコメント、写真
追加などのお知らせを表示
:写真の送信、削除などの各種操作
:一覧に表示する写真の選択
:カメラの起動
表示中の画面や操作状態により、表示される項目は異な
ります。
1 画面左端から右へスライドしても表示できます。
2 画面右端から左へスライドしても表示できます。
画像を分類して表示
画像一覧画面で →[整理モード]をタップすると、ア
ルバムを表示します。
日付をタップするとカレンダーが表示され、日付ごとに
写真や動画が分類されます。
お知らせ
画像一覧画面で画面中央から右へスライドしてもアルバ
ムを表示します。
アルバム/画像の選択操作
画像一覧画面で →[整理モード]をタップして画像を
タップすると、チェックが表示されて選択状態になりま
す。タップすると選択解除します。
画像が選択状態のときは、画面上部に選択件数が表示さ
れます。
Scene
アプリ
104
メディアプレイヤーを利用して、音楽/動画の再生、d
マーケットなどからダウンロードした音楽/動画コンテン
ツを再生します。
音楽の再生可能なファイル形式/コーデックはAAC、
HE-AAC v1、HE-AAC v2、AAC ELD、AMR-NB、
AMR-WB、FLAC、MP3、MIDI、Vorbis、PCM、
WMA、Opusです。動画の再生可能なファイル形式は
H.263、H.264、H.265、MPEG-4、WMV9、VC-
1、VP8です。ただし、ファイルによっては再生できな
い場合があります。
本端末は、ハイレゾ音源の再生に対応しています。再生
可能なファイルはサンプリング周波数44.1kHz、
48kHz、88.2kHz、96kHz、176.4kHz、192kHz、
量子化ビット数24bit、チャネル数2chFLAC、
PCMです。
ハイレゾ音源を再生する場合は、ハイレゾに対応したイ
ヤホンをステレオイヤホン端子に接続して、本端末内や
microSDカード内のファイルを再生してください。ス
ピーカーやBluetoothヘッドセットなどを使用すると、
ハイレゾ品質で再生されません。また、他の音が鳴って
いる場合など、使用状況によってはハイレゾ品質で再生
されないことがあります。ハイレゾ品質で再生中はス
テータスバーに が表示されます。
MIDI形式および着信音用のファイルは、一覧画面に表
示されません。他のアプリでファイルを選択したときな
どに再生が可能です。
パソコンからmicroSDカードへ音楽/動画ファイルを
転送する方法については、「本端末のデータをパソコン
から操作」をご覧ください。→P160
メディアプレイヤーの操作方法などを確認するには、
ホーム画面で →[メディアプレイヤー]→ →[ヘル
プ]をタップしてご覧ください。
◆ 音楽/動画の再生
1
ホーム画面で [メディアプレイヤー]
メディアプレイヤーの説明画面が表示された場合
は、[使い方の説明を見る]または[使ってみる]
をタップします。
2
[全曲][アーティスト][アルバム]
[ムービー][プレイリスト][着うた]
一覧画面が表示されます。
3
音楽/動画を選択
再生画面が表示されます。
[アーティスト]/[アルバム]を選択した場合は、
再生する音楽/動画が表示されるまでアーティスト
名/アルバムなどを選択します。
メディアプレイヤー
アプリ
105
■ 再生画面について
a一覧画面の表示
b再生位置
を左右にドラッグして再生位置を変更します。
cアルバムアートワーク
d音量調節
を左右にドラッグして音量を調節します。
eリピート(音楽再生画面のみ)
タップするたびに、リピートオフ( )→全曲リ
ピート( )→1曲リピート( )を切り替えます。
fSNS共有
LINE、Twitter、Facebookで楽曲情報を共有できま
す。
g再生の操作
/ :一時停止/再生
/ :前のファイル/次のファイルを再生
操作状態によっては、ファイルの先頭に戻ります。
/ :10秒早戻し/10秒早送り
h検索
dマーケットで音楽/動画ファイルを検索します。
iサブメニューの表示
設定、ヘルプ、初めての方へ、アプリ終了などの操作
ができます。
jシャッフルのオン/オフ(音楽再生画面のみ)
kアルバム情報表示
※ アルバムアートワークをタップすると表示されます。
お知らせ
動画再生画面で / をタップして画面回転ロックの設
定/解除をします。
動画再生画面/動画一覧画面で →[はい]をタップし
Miracast設定画面を表示します。→P165
音楽/動画を削除するには、一覧画面で音楽/動画をロ
ングタッチ→[コンテンツを削除する]→[OK]→
[OK]をタップします。
◆ dマーケットからの購
1
ホーム画面で [メディアプレイヤー]
2
[dミュージック][dTV][dアニメス
トア]
a
k
i
h
b
j
音楽再生画面
d
c
e
f
g
アプリ
106
◆ プレイリストの利用
プレイリストに曲を登録して、お気に入りの曲だけを再生
することができます。
1
ホーム画面で [メディアプレイヤー]
[プレイリスト]
プレイリスト一覧画面が表示されます。
2
[リスト作成]プレイリスト名を入力
[OK]
3
リストに追加する曲を選択[決定]
[全曲]/[アーティスト]/[アルバム]をタッ
プして、表示を切り替えられます。
[全曲]→[すべての曲を追加]をタップすると、
すべての曲を選択できます。
4
[完了][OK]
プレイリストから曲を削除するには、削除する曲を
選択→[選択した曲を削除]をタップします。
曲の再生順を変更するには、移動する曲の を上下
にドラッグします。
お知らせ
プレイリスト一覧画面でプレイリストを選択→曲を選択
すると再生できます。
プレイリストを並べ替えるには、プレイリスト一覧画面
で[リスト並替え/削除]→移動するプレイリストの
を上下にドラッグ→[完了]→[OK]をタップしま
す。
プレイリストを削除するには、プレイリスト一覧画面で
プレイリストをロングタッチ→[プレイリストを削除す
る]→[OK]をタップします
プレイリストを編集するには、プレイリスト一覧画面で
プレイリストを選択→[編集]をタップします。
本端末のGPS機能と対応するアプリを使用して、現在地
の確認や目的地までの経路検索などを行うことができま
す。
本端末には、衛星信号を使用して現在地を算出する
GPS受信機が搭載されています。GPS機能を利用する
際にパケット通信料が発生する場合があります。
◆ GPSのご利用にあたって
GPSシステムの不具合などにより損害が生じた場合、
当社では一切の責任を負いかねますのであらかじめご了
承ください。
本端末の故障、誤動作、あるいは停電などの外部要因
(電池切れを含む)によって、測位(通信)結果の確認
などの機会を逸したために生じた損害などの純粋経済損
害につきましては、当社は一切その責任を負いかねます
のであらかじめご了承ください。
本端末は、航空機、車両、人などの航法装置として使用
できません。そのため、位置情報を利用して航法を行う
ことによる損害が発生しても、当社は一切その責任を負
いかねますのであらかじめご了承ください。
高精度の測量用GPSとしては使用できません。そのた
め、位置の誤差による損害が発生しても、当社は一切そ
の責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。
位置情報・GPS
アプリ
107
GPSは米国国防総省により運営されておりますので、
米国の国防上の都合により、GPSの電波の状態がコン
トロール(精度の劣化、電波の停止など)されることが
あります。
ワイヤレス通信製品(携帯電話やデータ検出機など)
は、衛星信号を妨害する恐れがあり、信号受信が不安定
になることがあります。
各国・地域の法制度などにより、取得した位置情報(緯
度経度情報)に基づく地図上の表示が正確ではない場合
があります。
■ 受信しにくい場所
GPSは人工衛星からの電波を利用しているため、次の条
件では、電波を受信できない、または受信しにくい状況が
発生しますのでご注意ください。また、GPSアンテナ
(→P29)の付近を手で覆わないようにしてお使いくださ
い。
建物の中や直下
地下やトンネル、地中、水中
かばんや箱の中
ビル街や住宅密集地
密集した樹木の中や下
高圧線の近く
自動車、電車などの室内
大雨、雪などの悪天候
本端末の周囲に障害物(人や物)がある場合
◆ 電子コンパス利用時の留意事項
本端末は、電子コンパスを内蔵しており、地球の微弱な磁
場を感知して方位を算出することができます。
電子コンパスは地球の微弱な磁場を感知して方位を算出
しています。そのため、建物(地下街を含む)や乗り
物、金属製の施設(エレベータなど)、金属製の設備
(ガードレール、歩道橋など)、高圧線、架線、磁気を含
む岩盤、金属(鉄製の机、ロッカーなど)、永久磁石
(磁気ネックレス、バッグの留め金など)、家庭電化製品
(テレビ、パソコン、スピーカーなど)の中または近く
では磁場を感知できなかったり、正確に方位を表示でき
なかったりする場合があります。
「マップ」アプリなどで、正しく方位を測定できない場
合は、電子コンパスを調整してください。
◆ 電子コンパスを調整する
■ 操作方法
「マップ」アプリなど電子コンパスを利用するアプリを使
用中に、手首を返しながら大きく8の字を描くように、約
10秒本端末を動かします。
アプリ
108
◆ 位置情報・GPS設定
位置情報・GPSの使用をアプリに許可します。
アプリのバージョンによって項目や表示が異なる場合が
あります。
1
ホーム画面で [設定][便利機能][位
置 情 報・G P S ]
2
画面右上のボタンをタップして[位置情報
GPS]をONに
ユーザーの同意画面が表示されます。
3
[同意する]
4
[モード]モードを選択
お知らせ
精度の高い位置情報を測位するには、天空が見える場所
で使用してください。
本機能を使用すると電池の消費が多くなりますのでご注
意ください。
◆ Googleマップ
Googleマップで現在地の測位や場所の検索、経路の検
索などを行います。
Googleマップを利用するには、LTE3GGPRS
ネットワークでの接続またはWi-Fi接続が必要です。
現在地を測位するには、あらかじめ[位置情報・GPS]
ONにしてください。→P108
Googleマップは、すべての国や都市を対象としている
わけではありません。
1
ホーム画面で[Google][マップ]
Googleマップの操作については、画面の左端を右
にフリックして、ヘルプや便利な使い方などをご覧
ください。
現在地の測位で位置情報の設定や精度を変更する旨
の確認画面が表示された場合は、画面の指示に従っ
て操作してください。
アプリ
109
スケジュールを管理できます。
1
ホーム画面で[ドコモクラウド][スケ
ジュール]
カレンダー画面が表示されます。
クラウドサービスの利用画面が表示された場合は、
[クラウドサービスを設定する]または[後で設定
する]をタップします。
◆ スケジュールの登録
1
カレンダー画面で[新規作成]
2
各項目を設定[保存]
スケジュールが登録されます。
通知の日時になると
スケジュールの登録時にアラームの設定をすると、設定し
た日時にステータスバーに が表示されてお知らせしま
す。
1
通知パネルを開く通知をタップ
詳細画面が表示されます。
◆ スケジュールの表示
登録したスケジュールの詳細を表示します。
1
カレンダー画面でスケジュールをタップ
2
スケジュールを確認
スケジュールの編集:[編集]スケジュールを編集
[保存]
スケジュールの削除: [1件削除][削除する]
■ カレンダー画面での主な操作
表示の切り替え:[表示切替]表示単位を選択
検索条件の選択:[表示条件]検索条件を選択
日付の移動:[日付移動]日付を選択[移動]
[今日]をタップすると今日の日付に移動します。
ヘルプの表示: [ヘルプ]
をタップすると、[メモ一覧へ]などのさまざまな操
作ができます。
スケジュール
アプリ
110
アラーム、時計、タイマー、ストップウォッチ、世界時計
が利用できます。
◆ 時計を表示
1
ホーム画面で [時計]
時間が表示されます。
お知らせ
時計画面に世界時計を表示する場合は、時計画面で →
都市にチェックを付けます。
時計画面で をタップすると、「夜間モード」や時計の設
定ができます。
◆ アラームの利用
1
ホーム画面で [時計]
2
アラーム画面が表示されます。
3
時刻を設定[OK]
4
各項目を設定
繰り返し:繰り返しを設定します。
アラーム音を設定します。
バイブレーション:バイブレーションのONOFF
設定します。
ラベル:ラベルを入力します。
お知らせ
アラーム画面で →[設定]をタップすると、時計の設
定ができます。
◆ タイマーの利用
1
ホーム画面で [時計]
2
3
時間を入力
4
カウントダウンが終了したら
カウントダウンを一時停止:カウントダウン中に
カウントダウンを再開する場合は をタップしま
す。
カウントダウンをリセット:カウントダウン停止中に
タイマーを削除:
タイマーを追加: 時間を入力
タイマー画面を上下にスライドすると他のタイマー
を表示できます。
時間を1分追加:[+1']
タップするたびにカウントダウンの時間が1分追加
されます。
◆ ストップウォッチの利用
1
ホーム画面で [時計]
2
3
計測が開始されます。
時計
アプリ
111
ラップを追加:
計測を一時停止:計測中に
計測を再開する場合は をタップします。
計測をリセット:計測停止中に
計測結果を共有:計測停止中に
1
ホーム画面で [電卓]
2
計算する
入力した数字や記号の消去:[DEL]
数式や計算結果をすべて消去:[DEL](ロングタッ
チ)/[CLR]
関数パッドを表示:パッドの右端を左にスライド
本端末を横向きにしても関数パッドを表示できま
す。
お知らせ
計算結果が表示されている場合は、結果を使って続けて
数式を入力できます。
「Google」アプリまたは「音声検索」アプリを利用して検
索します。
アプリのバージョンによって項目や表示が異なる場合が
あります。
◆ Google検索
キーワードを入力してWebサイトを検索します。また、
Google Nowを利用して、今いる場所に関連する情報
(天気や交通状況など)を確認することもできます。
1
ホーム画面で[Google][Google]
初回起動時はGoogle Now使用の確認画面が表示さ
れます。画面の指示に従って操作してください。
2
キーワードを入力
文字の入力に従って検索候補が表示されます。
文字を入力して をタップすると、Webサイトの
検索候補が表示されます。
3
検索候補から選択
◆ 音声検索
音声でキーワードを入力してWebサイトを検索できます。
1
ホーム画面で [音声検索]送話口/マイ
クに向かってキーワードを発声
2
Webサイトの検索候補から選択
電卓
検索
アプリ
112
お知らせ
Google検索とGoogle Nowの詳細については、Google
検索画面の左端を右にフリック→[ヘルプ]をタップし
てヘルプをご確認ください。
ホームアプリが「NX!ホーム」に設定されている場合は、
アプリ一覧画面で をタップすると手書きで検索できま
す。手書き検索の検索対象の設定は次のとおりです。
手書き検索画面で[設定]→検索対象にチェック
- 特定の検索サイトを選択して検索できる[ウルトラ統
合検索]を手書き検索設定で検索対象にした場合は、
ホーム画面で「ウルトラ統合検索」ウィジェットを一
度起動してからご利用いただけます。
-[手書き検索設定]の設定によっては、半角英数字の検
索対象は検索結果に表示されない場合があります。
「ドコモデータコピー」は、本端末に保存されているデー
タを他の端末へコピーしたり、バックアップ/復元をした
りするためのアプリです。
機種変更時のデータ移行や、大切なデータの定期的なバッ
クアップにご利用ください。
◆ データ移行
インターネットを使用しない1対1のダイレクト通信を利
用して、電話帳、画像などのデータを移行先の端末へ直接
コピーすることができます。
ピー元端末とコピー先端末の両方で「データコピー」を起
動し、2台並べた状態で利用してください。
1
ホーム画面で [データコピー][データ
移行]
画面の指示に従って操作してください。
コピー元端末とコピー先端末の両方に本アプリが必
要です。インストールされていない場合、ドコモの
ホームページよりダウンロードできます。
ご利用の機種やOSにより、通信方法は異なります。
対応機種や詳しい使い方は、ドコモのホームページ
をご覧ください。
ドコモデータコピー
アプリ
113
◆ microSDカードへ保存・復元
microSDカードを利用して、電話帳、ドコモメールなど
のデータの移行やバックアップができます。
バックアップまたは復元中にmicroSDカードを取り外
したり、本端末の電源を切ったりしないでください。
データが破損する場合があります。
他の端末の電話帳項目名(電話番号など)が本端末と異
なる場合、項目名が変更されたり削除されたりすること
があります。また、電話帳に登録可能な文字は端末ごと
に異なるため、コピー先で削除される ことがあります。
バックアップ対象の電話帳は、docomoのアカウントの
電話帳と本端末に登録されている電話帳です。
電話帳をmicroSDカードにバックアップする場合、名
前が登録されていないデータはコピーできません。
microSDカードの空き容量が不足しているとバック
アップが実行できない場合があります。その場合は、
microSDカードから不要なファイルを削除して容量を
確保してください。
電池残量が不足しているとバックアップまたは復元が実
行できない場合があります。その場合は、本端末を充電
後に再度バックアップまたは復元を行ってください。
本端末のメモリ構成上、microSDカードを取り付けて
いない場合、静止画・動画などのデータは本端末に保存
されます。本アプリでは静止画・動画などのデータのう
ち本端末に保存されているもののみバックアップされま
す。microSDカードに保存されているデータはバック
アップされません。
バックアップ
電話帳、ドコモメール、メディアファイルなどのデータの
バックアップを行います。
1
ホーム画面で [データコピー][バック
アップ&復元]
2
[バックアップ]バックアップするデー
にチェックマークを付ける[バックアップ
開始][開始する]
選択したデータがmicroSDカードに保存されます。
3
[トップへ戻る]
復元
microSDカードにバックアップした電話帳、ドコモメー
ル、メディアファイルなどのデータを本端末に復 元しま
す。
1
ホーム画面で [データコピー][バック
アップ&復元]
2
[復元]復元するデータ種別を[選択]
元するデータにチェックマークを付ける
[選択]
3
復元方法を選択[復元開始][開始する]
データ種別によっては、復元方法の選択は不要で
す。
選択したデータが本端末に復元されます。
4
[トップへ戻る]
アプリ
114
電話帳をドコモのアカウントにコピー
Googleアカウントの電話帳をdocomoのアカウントにコ
ピーします。
1
ホーム画面で [データコピー][バック
アップ&復元]
2
[電話帳アカウントコピー]コピーする電
話帳の[選択][上書き][追加]
コピーしたアカウントがdocomoのアカウントに保
存されます。
3
[OK]
◆ データ保管BOXへ保存・復元
通話履歴・音楽のデータをデータ保管BOXを利用して
バックアップ・復元します。
1
ホーム画面で [データコピー]→→
[データ保管BOXへのバックアップ復元]
2
[バックアップ]または[復元]
画面の指示に従って操作してください。
ドコモクラウドへログインしていない場合、確認画
面が表示されます。
お知らせ
データ保管BOXでの定期バックアップ設定をご利用にな
る際、パケット通信料が高額になる場合がありますので、
ご注意ください。
本体設定
115
本体設定
ホーム画面で [設定]をタップして表示される設定メ
ニューから、各種設定を行います。
音量や着信音などの設定を行います。
1
ホーム画面で [設定][音バイブ
LED]
2
各項目を設定
音量:設定方法→P116
マナーモード:設定方法→P116
着信音:電話着信音を設定します。
電話帳に着信音を設定している場合は、電話帳の着
信音が優先されます。
通知音:通知音を設定します。
ふせたらサウンドオフ:本端末を裏返すことにより、
一時的に着信音やアラームなどの音を停止するかを設
定します。ただし、アプリによっては停止しない場合
があります。
バイブレーションを設定している場合は、一時的に
振動も停止します。
着信バイブレーション:着信音が鳴っているときに、
振動でもお知らせするかを設定します。
マナーモード中は設定できません。
チェックを外している場合でも、着信音量を0に設
定しているときはバイブレーションが鳴動します。
充電開始音:充電開始時に音でお知らせするかを設定
します。
通知を非表示:設定方法→P116
光を点滅させて通知:新着SMSや不在着信などをお
知らせLEDの点滅でお知らせするかを設定します。
アプリの通知:各アプリからの通知を表示するかを設
定します。
設定メニュー
メニュー 参照
音・バイブ・LED P115
壁紙・画面 P118
電池 P120
Wi-Fi・Bluetooth P121、P155、
P165
データ通信・機内モード P125、P167
ロック・セキュリティ P130
Google P139
言語・文字・入力 P140
便利機能 P141
ドコモのサービス/クラウド P145
プロフィール P145
端末管理 P146、P160
音・バイブ・LED
本体設定
116
通知へのアクセス:通知にアクセスできるアプリに対
して、アクセスを許可するかを設定します。
[通知を非表示]へのアクセス:[通知を非表示]の設
定により、通知されなかった通知内容にアクセスする
アプリを管理します。
タッチ操作バイブ:タッチ操作が認識されていること
を振動でお知らせするかを設定します。
タッチ操作音:メニューを選択したときに音を鳴らす
かを設定します。
ダイヤルパッド操作音:ダイヤルパッドを操作したと
きに音を鳴らすかを設定します。
画面ロックの音:画面ロックがかかったときや画面
ロックを解除したときに音を鳴らすかを設定します。
セキュリティ解除方法を[なし]以外に設定してい
る場合のみ有効です(→P133)
Dolby Audio:設定方法→P117
◆音
メディア再生音、アラーム、着信音の音量を調節できま
す。
マナーモード中は設定できません。
1
ホーム画面で [設定][音バイブ
LED][音量]
2
スライダーをスライドして音量を調節
お知らせ
[着信音の音量]を0にすると、バイブレーションがON
になります。バイブレーションOFFにしたい場合は、
サイレントマナーなどに設定してください。
通知を非表示
「通知を非表示」を「優先する通知のみ」に設定したとき
の通知に関する設定をしたり、自動ルールを設定したりし
ます。
1
ホーム画面で [設定][音バイブ
LED][通知を非表示]
2
[優先する通知のみを許可]および「自動ルー
ル」で、通知を行う機能や日時を設定する
お知らせ
[通知を非表示]をONにするには、通知パネルを開く→
パネルスイッチの[通知を非表示]→[サイレント]/
[アラームのみ]/[優先する通知のみ]→[ユーザーが
OFFにするまで]または時間を設定→[完了]をタップ
します。
◆ マナーモード
マナーモードを設定/解除します。
マナーモードの種類は変更できます。→P117
1
ホーム画面で [設定][音バイブ
LED][マナーモード]
2
[マナーモード]をONにす
マナーモードを設定すると、ステータスバーにス
テータスアイコンが表示されます。アイコンはマ
ナーモードの種類によって異なります。各アイコン
については「ステータスバーのアイコン」をご覧く
ださい。→P46
本体設定
117
お知らせ
次の方法でもマナーモードを設定/解除できます。
- 音量キーの下を1秒以上押す→[OK]
- 通知パネルを開く→パネルスイッチで[マナー]
- 携帯電話オプションメニューが表示されるまでPを押
し続ける→[通常マナー]→[OK]
※ 設定しているマナーモードによっては、[サイレント
マナー]/[アラームONマナー]をタップします。
本端末では、マナーモードの設定に関わらず、シャッ
ター音、オートフォーカスロック音、セルフタイマーの
カウントダウン音、カメラ起動中のスクリーンショット
音とキャプメモ/なぞってコピーのキャプチャ音、
Bluetooth Low Energy設定のFind Me通知音が鳴りま
す。
マナーモードの種類を変更
1
ホーム画面で [設定][音バイブ
LED][マナーモード][マナーモード選
択]
2
項目を選択
通常マナー:本端末のスピーカーから音を鳴らしませ
ん。また、バイブレーションがONになります。
サイレントマナー:音を鳴らさないだけでなく、バイ
ブレーションもOFFになります。
アラームONマナー:アラームの音量とバイブレー
ションがアラームの設定に従う以外は、通常のマナー
モードと同じです。
Dolby Audio
動画や音楽などの再生にDolby Audioを使用するかを設定
します。
1
ホーム画面で [設定][音バイブ
LED][Dolby Audio]
Dolby Audio設定画面が表示された場合は、内容を
確認して[OK]をタップします。
2
各項目を設定
をタップするたびにDolby AudioのONOFF
切り替わります。ONになると、ステータスバーに
が表示されます。
Dolby Audioを使用しているときと使用していない
ときのコンテンツの違いを聴く場合は、[Play
Demo]をタップします。
[Movie]/[Music]/[Game]/[Voice]
/[Custom 1]/[Custom 2]をタップする
と、プロファイルが切り替わります。選択している
プロファイルを再度タップすると、プロファイルの
設定画面が表示されます。
プロファイルの設定画面で をタップすると、選択
しているプロファイルをお買い上げ時の状態に戻す
ことができます。
お知らせ
通知パネルを開く→パネルスイッチの[Dolby Audio]
をタップしても、Dolby AudioONOFFを設定で
ます。
Dolby Audioを設定した場合は、イコライザなどの他の
音響機能を使用しないことをおすすめします。
ハイレゾ音源をイヤホンから再生する場合、Dolby
Audioの効果は無効となります。
本体設定
118
画面の明るさや画面の自動回転などの設定を行います。
1
ホーム画面で [設定][壁紙画面]
2
各項目を設定
ホーム壁紙:設定方法→P53
ロック画面壁紙:設定方法→P118
ホーム画面切替:設定方法→P51
詳細カスタマイズ:設定方法→P50
明るさのレベル:設定方法→P118
明るさの自動調節:[明るさのレベル]で設定した明
るさを基準に、周囲の明るさに応じて自動で明るさを
調節します。
画面の自動回転:本端末の向きに合わせて画面を回転
させるかを設定します。
表示中の画面によっては、本端末の向きを変えても
画面表示が切り替わらない場合があります。
タッチでON:設定方法→P119
タッチでOFF:ロック画面または通知パネルの通知表
示をタップしてスリープモードにできるように設定し
ます。
画面消灯時間:設定方法→P119
ブルーライトカットモード:画面から発せられる青い
光を弱くするかを設定します。
動画補正:動画(ワンセグやYouTubeなど)の画質
補正をするかを設定します。
カメラで録画した動画や、ダウンロードなどで
microSDカード内に保存した動画も再生時に画質
補正されます。
動画によっては画質補正されない場合もあります。
静止画補正:静止画の画質補正をするかを設定しま
す。
スクリーンセーバー:設定方法→P119
◆ ロック画面の壁紙設定
ロック画面の壁紙を設定します。
1
ホーム画面で [設定][ 壁 紙・画 面 ]
[ロック画面壁紙]
2
[設定なし(ホーム壁紙)[画像を選択]
[壁紙]
以降は画面の指示に従って操作してください。
◆ 画面の明るさ
画面の明るさを設定します。
1
ホーム画面で [設定][ 壁 紙・画 面 ][明
るさのレベル]
2
スライダーをスライドして明るさを調整
壁紙・画面
本体設定
119
◆タON
画面をダブルタップしてスリープモードの解除/設定がで
きるように設定します。
1
ホーム画面で [設定][壁紙画面]
2
[タッチでON]にチェック/チェックを外す
お知らせ
手袋タッチ機能(→P143)をONに設定している場合
でも、手袋をはめた手ではタッチでON機能を利用する
ことはできません。
「タッチでON」ONに設定するとOFFの状態よりも電
池の消費が多くなります。
◆ 画面消灯時間
スリープ
画面が消灯するまでの時間を設定します。
1
ホーム画面で [設定][壁紙画面][画
面消灯時間]
2
[スリープ]時間を選択
持ってる間ON
本端末を手に持って動きのある間は、画面を消灯しないよ
うにするかを設定します。
1
ホーム画面で [設定][ 壁 紙・画 面 ][画
面消灯時間]
2
[持ってる間ON]にチェック/チェックを外
◆ スクリーンセーバー
充電中、スリープモードになった場合に表示するスクリー
ンセーバーを設定します。
1
ホーム画面で [設定][ 壁 紙・画 面 ][ス
クリーンセーバー]
2
画面右上のボタンをタップして[スクリーン
セーバー]をONにす
3
アプリを選択→→各項目を設定
[メニュー]→[今すぐ起動]をタップすると、ス
クリーンセーバーが起動します。
本体設定
120
電池残量の確認などを行います。
1
ホーム画面で [設定][電池]
2
各項目を設定
バッテリーセーバー:設定方法→P120
電池の使用量:電池残量、電池使用可能な残り時間、
使用中のアプリを表示します。
◆ バッテリーセーバー
バッテリーセーバーを起動/停止します。
バッテリーセーバーが起動すると、ステータスバーとナ
ビゲーションバーがオレンジ色に変わり、ステータス
バーに が表示されます。
1
ホーム画面で [設定][電池][バッテ
リーセーバー]
2
画面右上のボタンをタップして[バッテリー
セーバー]をONに
[自動的にON]→[使用しない]/[電池残量が5
%]/[電池残量が15%]をタップして、バッテ
リーセーバーが自動的に起動する電池残量を設定で
きます。
◆ 電池の最適化
アプリごとの電池消費を抑えるために、本端末を使用して
いないときやアプリが数日間使用されていないときにアプ
リを無効にします。
1
ホーム画面で [設定][電池][電池の
使用量]
2
[メニュー][電池の最適化]
3
[最適化していないアプリ][すべてのアプ
リ]
4
設定を変更するアプリを選択[最適化す
る][最適化しない][完了]
電池
本体設定
121
本端末のWi-Fi機能を利用して、自宅や社内ネットワーク、
公衆無線LANサービスの無線LANアクセスポイントに接
続して、メールやインターネットを利用できます。
無線LANアクセスポイントに接続するには、接続情報を
設定する必要があります。
■ Bluetooth機能との電波干渉について
無線LAN(IEEE802.11b/g/n)とBluetooth機能は同
一周波数帯(2.4GHz)を使用しています。そのため、本
端末の無線LAN機能とBluetooth機能を同時に使用する
と、電波干渉が発生し、通信速度の低下、雑音や接続不能
の原因になることがありますので、同時には使用しないで
ください。
また、本端末の無線LAN機能のみ使用している場合でも、
Bluetooth機器が近辺で使用されていると、同様の現象が
発生します。このようなときは、次の対策を行ってくださ
い。
本端末とBluetooth機器は10m以上離してください。
10m以内で使用する場合は、Bluetooth機器の電源を
切ってください。
◆ Wi-FiONにしてネットワークに接続
1
ホーム画面で [設定][Wi-Fi
Bluetooth]
2
[Wi-Fi]をONする
3
[かんたん接続/ネットワーク選択]Wi-Fi
ネットワークを選択
セキュリティで保護されたWi-Fiネットワークを選
択した場合、パスワード(セキュリティキー)を入
力し、[接続]をタップします。
Wi-Fiネットワークを選択後、接続を選択する画面
が表示される場合があります。
お知らせ
Wi-Fi機能がONのときもパケット通信を利用できます。
ただしWi-Fiネットワーク接続中は、Wi-Fiが優先されま
す。Wi-Fiネットワークが切断されると、自動的にLTE
3GGPRSネットワークでの接続に切り替わります。
切り替わったままでご利用になる場合は、パケット通信
料がかかる場合がありますのでご注意ください。
Wi-Fiの詳細設定の[auto-IP]にチェックを付けている
場合、アクセスポイントを選択して接続する際に誤った
パスワード(セキュリティキー)を入力すると[プライ
ベートなIPアドレスが割り当てられました。接続が制限
されています。]と表示されます。パスワード(セキュリ
ティキー)をご確認ください。なお、正しいパスワード
(セキュリティキー)を入力しても同様のメッセージが表
示されるときは、正しいIPドレスを取得できていない
可能性があります。電波状況をご確認の上、接続し直し
てください。
ドコモサービスをWi-Fi経由で利用する場合はdアカウン
トの設定が必要です。設定するには、ホーム画面で →
[設定]→[ドコモのサービス/クラウド]→[dアカウ
ント設定]をタップして操作してください。
Wi-Fi
本体設定
122
複数のWi-Fiネットワークを保存している場合、接続先を
切り替えるには切り替え先のWi-Fiネットワークを選択
し、[接続]をタップしてください。現在接続中のWi-Fi
ネットワークが切断され、選択したWi-Fiネットワークに
自動的に切り替わります。
※ 切断したネットワークの情報は削除されません。接続
操作を行うと再接続できます。
◆ Wi-Fiネットワークのスキャン
あらかじめWi-FiONにしてください。
1
ホーム画面で [設定][Wi-Fi
Bluetooth][かんたん接続/ネットワー
ク選択]
2
[メニュー][更新]
◆ Wi-Fiネットワークの追加
ネットワークSSIDやセキュリティを入力して、手動で
Wi-Fiネットワークを追加します。
あらかじめWi-FiONにしてください。
1
ホーム画面で [設定][Wi-Fi
Bluetooth][かんたん接続/ネットワー
ク選択]
2
[メニュー][ネットワークを追加]
3
追加するWi-Fiネットワークのネットワーク
SSIDを入力セキュリティを選択
セキュリティは[なし][WEP][WPA/WPA2
PSK][802.1x EAP]が設定可能です。
4
必要に応じて追加のセキュリティ情報を入
[保存]
◆ Wi-Fiネットワークの接続情報の削除
1
ホーム画面で [設定][Wi-Fi
Bluetooth][かんたん接続/ネットワー
ク選択]
2
接続しているWi-Fiネットワークを選択[削
除]
◆ Wi-Fiネットワークのかんたん接続
AOSS方式、WPS方式に対応した無線LANアクセスポ
イントを利用して接続する場合は、簡単な操作で接続でき
ます。
あらかじめWi-FiONにしてください。
1
ホーム画面で [設定][Wi-Fi
Bluetooth][かんたん接続/ネットワー
ク選択]
2
[かんたん接続]
3
登録方式を選択
AOSS方式:[AOSS方式][AOSS]ボタンを
タップアクセスポイント側で操作接続完了画面
で[完了]
WPS方式:[WPS方式][プッシュボタン方式]
/[PIN入力方式(8桁)]/[PIN入力方式(4
桁)アクセスポイント側で操作
本体設定
123
プッシュボタン方式の場合は、アクセスポイント側
で専用ボタンを押します。PIN入力方式の場合は、
本端末に表示されたPINコードをアクセスポイント
側で入力します。
お知らせ
無線LANアクセスポイントによっては、AOSS方式で
の接続ができない場合があります。接続できない場合は
WPS方式、手動のいずれかで接続してください。
無線LANアクセスポイント側のセキュリティがWEP
設定されている場合は、WPS方式で接続できません。
◆Wi-FiONOFF
モバイルネットワーク基地局の情報を用いて、自動でWi-
Fi機能をONOFFします。
Wi-Fi接続したことのあるエリアを検出したときに自動で
Wi-Fi機能をON、Wi-Fi接続したことのないエリアを検出
したときに自動でWi-Fi機能をOFFにするかを設定しま
す。
1
ホーム画面で [設定][Wi-Fi
Bluetooth][Wi-Fi詳細設定][Wi-Fi
オートONOFF]にチェック/チェック
外す
お知らせ
本機能をONにした状態で連続して2分間以上同じアクセ
スポイントに接続したエリアが、Wi-Fi接続したことのあ
るエリアとして検出されます。
本機能は、機内モードがONまたはWi-Fiテザリングが
ONの場合、動作しません。
本機能は、Wi-Fiエリアの情報が変わった場合などに自動
で接続できないことがあります。その場合は、手動で接
続してください。
Wi-Fi Direct他の機器と接続
アクセスポイントなどを経由せずに、Wi-Fi Direct対応機
器同士で接続ができます。
あらかじめWi-FiONにしてください。
Wi-Fi Directを利用して動画や静止画などのデータ交換
を行うためには、Wi-Fi Directのデータ交換に対応した
アプリをPlayストアから入手し、インストールする必
要があります。
1
ホーム画面で [設定][Wi-Fi
Bluetooth][Wi-Fi詳細設定][Wi-Fi
Direct]
接続するWi-Fi Direct対応機器が表示されないとき
は、[デバイスの検索]をタップします。
2
検出されたWi-Fi Direct対応機器をタップ
Wi-Fi Direct対応機器の切断:接続済みのWi-Fi
Direct対応機器をタップ[OK]
他のWi-Fi Direct対応機器から接続要求を受けた
場合
接続への招待画面が表示された場合は、[同意する]を
タップしてください。
本体設定
124
◆ マルチコネクション
インターネット接続を快適に行うために、Wi-Fiネット
ワークとパケット通信(LTE3G)を同時に利用するか
を設定します。マルチコネクションをONにすると、動画
や音楽などさまざまなコンテンツのダウンロードやスト
リーミングを高速通信で楽しめるようになります(高速ダ
ウンロード/高速ストリーミング)
あらかじめWi-FiONにしてWi-Fiネットワークに接続
してください。→P121
マルチコネクションは、パケット通信(LTE3G)も
利用するため、パケット通信料がかかる場合がありま
す。パケット通信を利用したくない場合は、マルチコネ
クションをOFFにしてください。
アプリによっては、マルチコネクションを利用できない
場合があります。
Wi-Fiネットワークによっては、高速通信にならない場
合があります。
1
ホーム画面で [設定][Wi-Fi
Bluetooth][マルチコネクション]
2
[マルチコネクション]ONにする
注意画面が表示された場合は、内容を確認して
[OK]をタップします。
3
各項目を設定
[モード選択]をタップすると、マルチコネクショ
ンの通信モードを選択できます。
[よく使うアクセスポイント]にWi-Fiネットワーク
を登録すると、登録したWi-Fiネットワークに接続
している場合はWi-Fiを優先的に使用します。
マルチコネクション対応のアプリについて
[アプリケーション選択]をタップして表示されるアプリ
がマルチコネクションの対象です。
お知らせ
[アプリケーション選択]で起動中のアプリを選択した場
合、設定が有効になるまで時間がかかることがあります。
すぐに設定を有効にしたい場合は、選択したアプリを終
了してから再度起動してください。
接続するネットワークを判別するサイト(dメニュー→
「My docomo(お客様サポート)」内の項目など)では、
Wi-Fiご利用時に一部の機能が制限される場合がありま
す。その際は、Wi-FiOFFにしてご利用ください。ま
た、マルチコネクションに非対応のサイトでは、動画の
ストリーミング再生など一部閲覧できない場合がありま
す。その際は、マルチコネクションをOFFにしてご利用
ください。
次の場合は、マルチコネクションを利用できません。
- 機内モード中
- 国際ローミング中
- テザリング中
- VPN接続中
- Wi-Fi Direct/Miracast接続中
[よく使うアクセスポイント]に登録したWi-Fiネット
ワークが不安定になったとき、Wi-Fiのみに通信を制限す
る一部のアプリにおいて、一時的にパケット通信(LTE
3G)を行う場合があります。
マルチコネクションをOFFにすると、高速ダウンロード
/高速ストリーミング機能もOFFになります。
ご契約の料金プランでご利用になれるデータ量を超過し、
通信速度の制限を受けている状態では、マルチコネク
ションは動作しなくなります。
本体設定
125
◆ 画面消灯時のWi-Fi動作
本端末の画面が消灯したときや充電しているときにWi-Fi
を切断するかどうかを設定します。
1
ホーム画面で [設定][Wi-Fi
Bluetooth][Wi-Fi詳細設定]
2
[画面消灯時のWi-Fi動作]項目を選択
◆ Wi-Fiの詳細設定
1
ホーム画面で [設定][Wi-Fi
Bluetooth][Wi-Fi詳細設定]
2
各項目を設定
Wi-FiオートONOFF:設定方法→P123
画面/音楽のキャスト:設定方法→P165
画面消灯時のWi-Fi動作:設定方法→P125
ネットワークの通知:Wi-Fiのオープンネットワーク
が利用可能なとき、通知するかを設定します。
Wi-FiOFFの場合は設定できません。
Wi-Fi接続不良のとき無効にする:Wi-Fiネットワーク
が不安定なとき、Wi-Fiネットワークを使用しないよ
うにするかを設定します。
Wi-Fi周波数帯域:Wi-Fiの周波数帯域を設定します。
証明書のインストール:証明書をインストールしま
す。
Wi-Fi Direct:設定方法→P123
Wi-Fi最適化:Wi-FiONのとき、消費電力を抑える
ようにするかを設定します。
MACアドレス:MACアドレスが表示されます。
IPアドレス:IPアドレスが表示されます。
auto-IP:auto-IP機能を有効にするかを設定します。
Wi-FiONの場合は設定できません。
Passpoint:Wi-FiがONのとき、利用可能な
Passpoint対応アクセスポイントに自動的に接続する
かを設定します。
◆ データ使用
モバイルネットワーク経由のインターネットアクセスを有
効にしたり、グラフ上でモバイルデータ通信使用量の制限
や警告を行う使用量の設定をしたりできます。
1
ホーム画面で [設定][データ通信機内
モード][データ使用]
2
[モバイルデータ]をONにす
データ使用の管理画面が表示され、期間ごとやアプリ
ごとのモバイルデータ通信使用量(目安)が表示され
ます。
[モバイルデータの制限を設定する]をONにする
と、使用量の制限を設定できます。
[メニュー]→[バックグラウンドデータを制限す
る]→[OK]をタップすると、バックグラウンド
データを制限することができます。
お知らせ
表示されるデータ通信量は目安です。実際のデータ通信
量は「My docomo」で確認できます。
データ通信・機内モード
本体設定
126
[モバイルデータの制限を設定する]をONに設定してい
る場合、データ使用量が指定の上限に達したときは、
データ通信が一時停止中であることをお知らせする画面
が表示されます。データ通信を再開するには[再開]を
タップします。
◆ パケット接続の停止
アプリによっては自動的にパケット通信を行うものがあり
ます。パケット通信を切断するかタイムアウトにならない
限り、接続されたままになります。必要に応じて、パケッ
ト通信の有効/無効を切り替えてください。
1
ホーム画面で [設定][データ通信機内
モード][モバイルネットワーク]
2
[データ通信を有効にする]OFFにする
3
内容を確認して[OK]
◆ アクセスポイント(APN)の設定
インターネットに接続するためのアクセスポイント(sp
モード)はあらかじめ登録されており、必要に応じて追
加、変更することもできます。
spモードの詳細については、ドコモのホームページをご
覧ください。
https://www.nttdocomo.co.jp/service/spmode/
mopera U、ビジネスmoperaインターネットを利用にな
る際は、手動でアクセスポイントを追加する必要がありま
す。
mopera Uの詳細については、mopera Uのホームページ
をご覧ください。
https://www.mopera.net/
テザリングを有効にしているときは、アクセスポイント
の設定はできません。→P128
利用中のアクセスポイントの確
1
ホーム画面で [設定][データ通信機内
モード][モバイルネットワーク][アク
セスポイント名]
アクセスポイントの追加
MCC440、MNC10以外に変更しないでくださ
い。画面上に表示されなくなります。
1
ホーム画面で [設定][データ通信機内
モード][モバイルネットワーク][アク
セスポイント名]
2
[+]
3
[名前]ネットワークプロファイル名を
[OK]
4
[APN]アクセスポイント名を入力[OK]
5
その他、通信事業者によって要求されている
項目を入力[メニュー][保存]
お知らせ
MCC、MNCの設定を変更して画面上に表示されなく
なった場合は、お買い上げ時の設定にリセットするか、
手動でアクセスポイントの設定を行ってください。
本体設定
127
アクセスポイントの初期化
アクセスポイントを初期化すると、お買い上げ時の状態に
戻ります。
1
ホーム画面で [設定][データ通信機内
モード][モバイルネットワーク][アク
セスポイント名]
2
[メニュー][初期設定にリセット]
お知らせ
APNの一覧画面でアクセスポイントをタップ→アクセス
ポイントの編集画面で[メニュー]→[APNを削除]を
タップすると、アクセスポイントを1件ずつ削除できま
す。
◆ VPN(仮想プライベートネットワーク)
への接続
VPN(Virtual Private Network:仮想プライベートネッ
トワーク)は、企業や大学などの保護されたローカルネッ
トワーク内の情報に、外部からアクセスする技術です。本
端末からVPN接続を設定するには、ネットワーク管理者
からセキュリティに関する情報を入手してください。
認証操作が必要になる場合があります。あらかじめセ
キュリティ解除方法のパターン、暗証番号、パスワー
ド、虹彩認証のいずれかを設定してください。→P133
VPNの追加
1
ホーム画面で [設定][データ通信機内
モード][VPN]
2
[+]各項目を設定[保存]
VPNへの接続
1
ホーム画面で [設定][データ通信機内
モード][VPN]
2
接続するVPNを選択
3
必要な認証情報を入力[接続]
VPNに接続すると、ステータスバーに が表示さ
れます。
VPNの切断
1
ホーム画面で [設定][データ通信機内
モード][VPN]
2
切断するVPNを選択
3
[切断]
本体設定
128
◆ テザリング
テザリングとは、スマートフォンなどのモバイル機器をモ
デムとして使用することにより、USBケーブルやWi-Fi、
Bluetooth通信で接続した外部接続機器を、インターネッ
トに接続できるようにする機能です。
テザリングを有効にした状態では、インターネット接
続・メールサービス以外のspモードの機能について、
認証できない場合やdアカウントによるログインを求め
られる場合があります。認証できない場合はテザリング
を解除してご利用ください。
テザリングを利用してインターネットに接続した場合、
ご利用の環境によってはWi-Fi対応機器のブラウザや
ゲームなどのアプリが正常に動作しない場合がありま
す。
USBテザリング
本端末をmicroUSB接続ケーブル 01(別売品)でパソコ
ンと接続し、モデムとして利用することでインターネット
に接続できます。
1
本端末とパソコンをUSBケーブルで接続
2
通知パネルを開くUSBオプションの通知
をタップ
3
[USBテザリング][USBテザリング]
ONにする
お知らせ
Windows Vista、Windows 7、Windows 8.1、
Windows 10のパソコンで動作を確認しています。ただ
し、すべてのパソコンで動作を保証するものではありま
せん。
Wi-Fiテザリング
本端末をWi-Fiアクセスポイントとして利用することで、
Wi-Fi対応機器をインターネットに接続できます。
Wi-Fi対応機器を10台まで同時接続できます。
テザリングは、2.4GHzのみに対応しています。
1
ホーム画面で [設定][データ通信機内
モード][テザリング]
2
[Wi-Fiテザリング]をONに
Wi-Fiアクセスポイントの設定画面が表示された場
合は、必要に応じて設定を変更して[保存]をタッ
プします。→P128
Wi-Fiテザリングの設定
必要に応じて設定を変更します。
お買い上げ時の状態では、ネットワーク名には
[FJDEV048_AP]が、セキュリティには[WPA2
PSK AES]が、[パスワード]にはランダムな値が設定
されています。
1
ホーム画面で [設定][データ通信機内
モード][テザリング][Wi-Fiアクセスポ
イント]
2
ネットワーク名を入力セキュリティを選
パスワードを入力[保存]
セキュリティは[Open][WEP64][WEP128]
[WPA2 PSK AES[WPA/WPA2 PSK]が設定
できます。
本体設定
129
Wi-Fiテザリングかんたん接続
WPSに対応したWi-Fi対応機器を登録します。
あらかじめWi-FiテザリングをONにしてください。
1
ホーム画面で [設定][データ通信機内
モード][テザリング][Wi-Fiテザリング
かんたん接続]
2
[プッシュボタン方式][PIN入力方式]
種操作登録画面で[OK]
プッシュボタン方式の場合は、Wi-Fi対応機器側で
専用ボタンを押します。PIN入力方式の場合は、
Wi-Fi対応機器に表示されたPINコードを入力後、
[OK]をタップします。
Bluetoothテザリング
Bluetooth機器をインターネットに接続できます。
Bluetooth機器を4台まで同時接続できます。
あらかじめBluetooth機器とのペア設定が必要です。→
P156
1
ホーム画面で [設定][データ通信機内
モード][テザリング]
2
[Bluetoothテザリング]ONにする
お知らせ
本端末は、DUNプロファイルを使ったダイヤルアップ接
続に対応しております。→P156
Bluetooth機器側の設定については、Bluetooth機器の
取扱説明書をご覧ください。
◆ 機内モード
機内モードを設定すると、本端末のワイヤレス機能(電
話、パケット通信、Wi-Fi、Miracast、テザリング、
Bluetooth機能、FMトランスミッタ)が無効になりま
す。ただし、Wi-Fi、Miracast、Bluetooth機能は機内
モード中に手動でONにすることができます。
1
ホーム画面で [設定][データ通信機内
モード]
2
[機内モード]ONにする
お知らせ
Pを押し続けて表示される携帯電話オプションメニュー
からも設定/解除できます。
本体設定
130
ロックに関するさまざまな設定を行います。
1
ホーム画面で [設定][ロックセキュリ
ティ]
2
各項目を設定
セキュリティ解除方法:設定方法→P133
パターンの変更※1パターンを変更します。
暗証番号の変更※1暗証番号を変更します。
パスワードの変更※1パスワードを変更します。
虹彩登録:設定方法→P134
パターンを表示する※1画面ロック解除時のパター
ン入力時にパターンを表示するかを設定します。
自動ロック※1認証操作が必要なセキュリティ解除
方法を選択した場合、スリープモードになってから設
定した時間が経過すると、画面ロックがかかるように
設定できます。
電源ボタンですぐにロックする※1Pを押してすぐ
に画面ロックをかけるかを設定します。画面ロックを
解除するには認証操作が必要です。
スライドでカメラ起動※2ロック画面の右端から左
にフリックしてカメラを起動するかを設定します。
ロック画面メッセージ※1ロック画面に表示する
メッセージを入力します。
通知の表示方法:ロック画面にすべての通知を表示す
るかを設定します。
Smart Lock※1設定方法→P136
パーソナルノート:設定方法→P136
パスワードを表示する:暗証番号/パスワード入力時
に入力した文字を表示するかを設定します。
情報セキュリティ:次の設定を行うことができます。
ストレージのタイプ:設定方法→P137
信頼できる認証情報:設定方法→P137
証明書のインストール:設定方法→P137
認証ストレージの消去:設定方法→P137
最近使ったアプリを表示しない:設定方法→P137
端末管理アプリ:端末管理機能を有効にするかを設定
します。
提供元不明のアプリ:設定方法→P137
SIMカードロック設定※3:設定方法→P138
信頼できるエージェント:Smart Lockなどの機能の
信頼できるエージェントを管理します。
利用アプリの固定:設定方法→P139
使用履歴にアクセスできるアプリ:端末上のアプリ使
用履歴データにアクセスできるアプリを管理します。
スマートフォンの暗号化:内部ストレージに保存され
ているシステムデータが暗号化されていることを確認
できます。
本端末では[スマートフォンの暗号化]の設定を変
更することはできません。
1 セキュリティ解除方法により表示される項目は異
なります。
2 ホームアプリおよびセキュリティ解除方法の設定
により表示されない場合があります。
3 ドコモnanoUIMカードを取り付けていない場合
は表示されません。
ロック・セキュリティ
本体設定
131
◆ 本端末で利用する暗証番号
本端末を便利にお使いいただくための各種機能には、暗証
番号が必要なものがあります。本端末をロックするための
パスワードやネットワークサービスでお使いになるネット
ワーク暗証番号などがあります。用途ごとに上手に使い分
けて、本端末を活用してください。
本端末で利用できる主なネットワークサービスのアカウン
トに必要な暗証番号/パスワードは次のとおりです。
ネットワーク暗証番号→P132
ドコモアプリパスワード→P145
dアカウントパスワード
dアカウント(→P145)のパスワードです。ネット
ワーク暗証番号、またはお客様が任意に設定した英数字
となります。
Googleアカウントパスワード
Googleアカウント(→P149)のパスワードです。ア
カウント登録時にお客様が任意に設定した英数字となり
ます。
各種暗証番号に関するご注意
設定する暗証番号は「生年月日」「電話番号の一
部」「所在地番号や部屋番号」「1111」
「1234」などの他人にわかりやすい番号はお避け
ください。また、設定した暗証番号はメモを取るな
どしてお忘れにならないようお気をつけください。
暗証番号は、他人に知られないように十分ご注意く
ださい。万が一暗証番号が他人に悪用された場合、
その損害については、当社は一切の責任を負いかね
ます。
各種暗証番号を忘れてしまった場合は、契約者ご本
人であることが確認できる書類(運転免許証など)
や本端末、ドコモnanoUIMカードをドコモショッ
プ窓口までご持参いただく必要があります。詳細は
本書巻末の「総合お問い合わせ先」までご相談くだ
さい。
PINロック解除コード(PUK)は、ドコモショップ
でご契約時にお渡しする契約申込書(お客様控え)
に記載されています。ドコモショップ以外でご契約
されたお客様は、契約者ご本人であることが確認で
きる書類(運転免許証など)とドコモnanoUIM
カードをドコモショップ窓口までご持参いただく
か、本書巻末の「総合お問い合わせ先」までご相談
ください。
本体設定
132
ネットワーク暗証番号
ドコモショップまたはドコモインフォメーションセンター
や「お客様サポート」でのご注文受付時に契約者ご本人を
確認させていただく際や各種ネットワークサービスご利用
時などに必要な数字4桁の番号です。ご契約時に任意の番
号を設定いただきますが、お客様ご自身で番号を変更でき
ます。
ネットワーク暗証番号の詳細については、ドコモのホー
ムページをご覧ください。
https://www.nttdocomo.co.jp/support/trouble/
password/network/
PINコード
ドコモnanoUIMカードには、PINコードという暗証番号
を設定できます。ご契約時は「0000」に設定されていま
すが、お客様ご自身で番号を変更できます。→P138
PINコードは、第三者によるドコモnanoUIMカードの無
断使用を防ぐため、ドコモnanoUIMカードを取り付ける、
または本端末の電源を入れるたびに使用者を認識するため
に入力する48桁の暗証番号(コード)です。PINコー
ドを入力することにより、発着信および端末操作ができま
す。
別の端末で利用していたドコモnanoUIMカードを差し
替えてお使いになる場合は、以前にお客様が設定された
PINコードをご利用ください。設定を変更されていない
場合は「0000」となります。
PINコードの入力を3回連続して間違えると、PINコー
ドがロックされて使えなくなります(PUKロック)。こ
の場合は、「PINロック解除コード(PUK)」でロックを
解除してください。ロックを解除しないと新しいPIN
コードは設定できません。
ドコモnanoUIMカードがPINロックまたはPUKロック
された場合は、ドコモnanoUIMカードを取り外すこと
でホーム画面が表示されるようになり、Wi-Fi接続によ
る通信が可能です。
PINロック解除コード(PUK)
PINロック解除コード(PUK)は、PINコードがロックさ
れた状態を解除するための8桁の番号です。なお、PIN
ロック解除コード(PUK)はお客様ご自身では変更でき
ません。
PINロック解除コード(PUK)の入力を10回連続して
間違えると、ドコモnanoUIMカードがロックされます。
その場合は、ドコモショップ窓口にお問い合わせくださ
い。
ドコモnanoUIMカードがPINロックまたはPUKロック
された場合は、ドコモnanoUIMカードを取り外すこと
でホーム画面が表示されるようになり、Wi-Fi接続によ
る通信が可能です。
本体設定
133
◆ セキュリティ解除方法の設定
画面ロックの解除時に使用する認証操作の種類などを設定
します。
1
ホーム画面で [設定][ロックセキュリ
ティ][セキュリティ解除方法]
2
認証操作
初めて設定するときは、認証操作は必要ありませ
ん。
3
項目を選択
なし:ロック画面を表示しないように設定します。
タッチ/スワイプ:タッチ/スワイプでロックを解除
するように設定します。
虹彩認証:設定方法→P134
パターン:最低4つの点を結ぶパターンでロックを解
除するように設定します。
暗証番号:暗証番号(416桁の数字)でロックを
解除するように設定します。
パスワード:パスワード(英字を含む416桁の英
数字と記号)でロックを解除するように設定します。
お知らせ
認証ストレージを利用中に使用できるセキュリティ解除
方法は、パターン、暗証番号、パスワード、虹彩認証の
いずれかになります。
画面ロックをかける
セキュリティの解除方法を設定(→P133)した後に、P
を押してスリープモードにする、または自動的に画面が消
灯してから[自動ロック]で設定した時間が経過すると、
画面ロックがかかります。
画面ロックを解除する場合は、Pを押してスリープモー
ドを解除し、セキュリティ解除方法の種類に応じて解除
操作を行います。
お知らせ
Googleアカウントを設定している場合に、パソコンやタ
ブレットなどからパスワードによるロックを設定するこ
とができます。端末紛失時などは次のURLにアクセス
し、本端末に設定されているGoogleアカウントでログ
インしてください。
https://www.google.com/android/devicemanager
- 新しいパスワードを本端末に入力することで、画面
ロックを解除することができます。
- Googleアカウントでログインしていない場合は操作で
きません。
解除方法を忘れたときは
画面ロックが解除されなくても、ロック画面から緊急通
報をかけることができます。→P62
セキュリティの解除方法にパターン/暗証番号/パス
ワードを設定している場合、画面ロックの解除に5回以
上失敗すると、一時的に解除の操作ができなくなります
が、一定時間経過後にやり直すことができます。
本体設定
134
◆ 虹彩認証機能
本端末は、あらかじめ登録した所有者の虹彩情報でセキュ
リティの認証を行う虹彩認証機能を搭載しています。
虹彩認証用カメラおよびLED利用時の留意
事項
虹彩認証用カメラおよびLED利用時の留意事項は次のと
おりです。
虹彩認証用LED点灯中に端末と目の距離を20cm以内
に近づけないでください。
虹彩認証用カメラ表面は防水性を有していますが、虹彩
認証用カメラ表面に水滴や汚れが付着した場合は誤動作
の原因となります。虹彩の登録失敗や認証失敗が頻発す
る場合は、静電気の発生しにくい乾いた柔らかい布で水
滴・汚れを取り除いてご使用ください。現象が改善され
ることがあります。
次のような場合は、故障および破損の原因となることが
あります。
- ぶつけたり、強い衝撃を与えたりする
- 引っかいたり、先の尖ったものでつついたりする
- 爪やストラップの金具など硬いものを押し付け、虹彩
認証用カメラ表面に傷が入る
- 泥などで虹彩認証用カメラやLED表面に傷が入る、表
面が汚れる
- シールを貼ったり、インクなどで塗りつぶしたりする
次のような場合は、虹彩の読み取りが困難になったり、
認証性能が低下したりするなどして使用できないことが
あります。虹彩認証用カメラやLEDおよび近接センサー
の周囲(本端末前面の上部)は時々清掃してください。
- ほこりや皮脂などの汚れ、汗などの水分の付着や結露
虹彩登録時の留意事項
虹彩登録時の留意事項は次のとおりです。
メガネを着用している方はメガネを外して登録してくだ
さい(認証時はメガネを着用しても利用できます)
サングラスやカラーコンタクト、サークルレンズは外し
て登録してください。
日の当たらない室内で登録してください。
登録に時間がかかる場合は、読み取りの精度を上げるた
め目を大きく開いてください。
端末を真正面に持って目の高さまで上げてください。
端末と目の距離は25cm程度離してください。
虹彩認証用カメラに汚れや破損がないことを確認してく
ださい。→P134
虹彩登録は片眼でも可能ですが、高い認証率を確保する
ため両眼での登録をおすすめします。
認証時の精度向上のために虹彩の登録を追加することが
可能です。ただし、複数の人の虹彩を追加登録すること
は本人の認証ができなくなる場合があるため控えてくだ
さい。また精度向上にも限度があるため追加登録を行っ
てもそれ以上の効果は望めない場合があります。
虹彩認証技術は完全な本人認証・照合を保証するもので
はありません。当社では本端末を使用されたこと、また
は使用できなかったことによって生じるいかなる損害に
関しても、一切責任を負いかねますのであらかじめご了
承ください。
本体設定
135
虹彩認証時の留意事項
虹彩認証時の留意事項は次のとおりです。
認証性能はお客様の使用状況により異なります。次のよ
うな場合は、虹彩の認証が困難になったり、認証性能が
低下したりすることがあります。
- サングラスやカラーコンタクト、サークルレンズを着
用している
- 目が重度に腫れているなどで、虹彩が隠れている
- 直射日光や反射光が目や端末に当たっている
-水
- 端末や人体が激しく揺れている
- 端末を斜めや逆さに向けている
- 虹彩認証用カメラやLEDに汚れや破損などがある(→
P134)
認証に時間がかかる場合は、認証の精度を上げるため目
を大きく開いてください。
端末と目の距離は2030cm程度離してください。
メガネのレンズに光が反射していると虹彩を検出できな
い場合があります。その場合は顔を傾けるなどしてレン
ズの反射を抑えてください。
本端末を他の人が持っている場合でも、自分に端末が向
けられた場合は認証されることがありますのでご注意く
ださい。
虹彩登録
虹彩を登録します。
1
ホーム画面で [設定][ロックセキュリ
ティ][虹彩登録]
認証操作が必要なセキュリティ解除方法を設定して
いる場合は、認証操作が必要です。
2
[登録をはじめる]画面の指示に従って虹
彩を登録
片眼で登録する場合は[片眼で登録する方はこちら
へ]から登録してください。
虹彩認証の操作
1
ロック画面で虹彩認証操作を行う
正しく認証されない場合は、虹彩登録時に登録した
予備のセキュリティ解除方法(パターン/暗証番号
/パスワード)で認証操作を行ってください。
本体設定
136
虹彩認証の設定
1
ホーム画面で [設定][ロックセキュリ
ティ][虹彩管理
2
各項目を設定
セキュリティ解除方法で虹彩を利用する:予備のセ
キュリティ解除方法を変更します。
併用のパターン/暗証番号/パスワードの変更:予備
のセキュリティ解除方法として設定したパターン/暗
証番号/パスワードを変更します。
虹彩認証の精度を向上:虹彩認証の精度の向上のた
め、虹彩を追加登録します。
虹彩データを削除:虹彩データを削除します。
虹彩のファインダーを表示する:虹彩認証画面にファ
インダーを表示するかを設定します。
虹彩認証のヒント:虹彩認証時のヒントを表示しま
す。
虹彩使いこなしサイトへ:虹彩認証の使いかたが掲載
されているサイトを表示します。
◆Smart Lock
外部機器からの接続時や顔認証などで画面ロックを解除す
る方法について設定します。
あらかじめ認証操作が必要なセキュリティ解除方法を設
定する必要があります。→P133
セキュリティ解除方法を虹彩認証に設定している場合
は、トラステッドフェイス(顔認証)の利用はできませ
ん。
1
ホーム画面で [設定][ロックセキュリ
ティ][Smart Lock]認証操作
2
各項目を設定
Smart Lockの詳細については、 →[ヘルプ]を
タップしてヘルプをご覧ください。
◆ パーソナルノート
ID(アカウント)やパスワードなど認証情報を登録して管
理します。登録した内容を引用して入力できます。→
P38
あらかじめ認証操作が必要なセキュリティ解除方法を設
定する必要があります。→P133
最大100件登録できます。
1
ホーム画面で [設定][ロックセキュリ
ティ][パーソナルノート認証操作
2
[新規登録]各項目を設定[完了]
編集:タイトルをタップ各項目を編集[完了]
削除:タイトルをロングタッチ画面下部の までド
ラッグ[OK]
並び替え:タイトルをロングタッチ移動先までド
ラッグ
バックアップ/リストア:[メニュー][バック
アップ/リストア]項目を選択画面の指示に
従って操作
全件削除:[メニュー][全件削除][OK]
◆ 認証情報の管理
信頼できる認証情報や証明書を表示したり、VPNなどに
接続するための認証情報やその他の証明書をインストール
したりします。
本体設定
137
認証情報ストレージのタイプの表示
1
ホーム画面で [設定][ロックセキュリ
ティ][情報セキュリティ]
2
[ストレージのタイプ]を確認
信頼できる認証情報や証明書の表示
1
ホーム画面で [設定][ロックセキュリ
ティ][情報セキュリティ][信頼できる
認証情報]
お知らせ
インストールした証明書を削除する場合は、[認証スト
レージの消去]から削除してください。
認証情報や証明書のインストール
認証情報や証明書をインストールします。
1
ホーム画面で [設定][ロックセキュリ
ティ][情報セキュリティ][証明書のイ
ンストール]
2
インストールする認証情報/証明書を選択
3
必要な場合はパスワードを入力[OK]
4
認証情報/証明書の名前を入力[OK]
認証ストレージの消去
認証ストレージからすべての認証情報や証明書、VPN
設定を消去します。
1
ホーム画面で [設定][ロックセキュリ
ティ][情報セキュリティ
2
[認証ストレージの消去][OK]
◆ 最近使ったアプリの表示/非表示
(履歴)をタップしたときに、最近使ったアプリを表示
するかを設定します。
1
ホーム画面で [設定][ロックセキュリ
ティ][情報セキュリティ
2
[最近使ったアプリを表示しない]にチェッ
ク/チェックを外す
◆ 提供元不明のアプリのインストールを許
Playストア以外のサイトやメールなどから入手したアプ
リのインストールを許可します。
本端末と個人データを保護するため、Playストアなどの
信頼できる発行元からのアプリのみダウンロードしてく
ださい。
1
ホーム画面で [設定][ロックセキュリ
ティ][情報セキュリティ
2
[提供元不明のアプリ]にチェック注意
を確認して[OK]
本体設定
138
◆ PINコードの設定
SIMカードロック設定
電源を入れたときにPINコードを入力するように設定しま
す。
1
ホーム画面で [設定][ロックセキュリ
ティ][情報セキュリティ][SIMカード
ロック設定]
2
[SIMカードをロック]PINコードを入力
[OK]
お知らせ
初めてPINコードを入力する場合は、「0000」を入力し
てください。
設定を解除するには、操作2[SIMカードをロック]
OFFにします。
PINコードの変更
あらかじめPINコードを設定([SIMカードをロック]を
ONにする)しておく必要があります。
1
ホーム画面で [設定][ロックセキュリ
ティ][情報セキュリティ][SIMカード
ロック設定]
2
[SIM PINの変更]
3
現在のPINコードを入力[OK]
4
新しいPINコードを入力[OK]
5
もう一度新しいPINコードを入力[OK]
PINコードの入力
1
電源を入れるコード入力画面でPINコード
を入力
PINロックの解除
PINコードがロックされた場合(PUKロック)は、ロッ
クを解除してから新しいPINコードを設定します。
1
コード入力画面でPINロック解除コード
(PUK)を入力
2
新しいPINコードを入力
3
もう一度新しいPINコードを入力
本体設定
139
◆ 利用アプリの固定
現在起動しているアプリを固定して、他のアプリを利用で
きないように設定できます。
1
ホーム画面で [設定][ロックセキュリ
ティ][情報セキュリティ][利用アプリ
の固定]
2
画面右上のボタンをタップして[利用アプリ
の固定]をONにする
3
固定したいアプリを起動
4
(履歴)固定したいアプリの [はい]
アプリの固定を解除するには、 (バック)と (履
歴)を同時にロングタッチします。
お知らせ
操作2で[「利用アプリの固定」機能を解除するときに端
末をロックする]をONにすると、アプリの固定を解除
するときにセキュリティの解除操作が必要になるように
設定できます。
設定している解除方法によって表示が異なる場合があり
ます。
Googleのアカウントおよびサービスに関する、情報や設
定の確認/変更/削除などができます。
Google設定の詳細については、Google画面で →
[ヘルプとフィードバック]をタップしてヘルプをご覧
ください。
1
ホーム画面で [設定][Google]
Google画面が表示されます。
2
各項目を設定
Google
本体設定
140
本端末で使用する言語を変更したり、表示フォントや文字
の大きさを変更したりします。
1
ホーム画面で [設定][ 言 語・文 字・入 力 ]
2
各項目を設定
言語:設定方法→P140
スペルチェック:スペルチェックを行うかを設定しま
す。
フォント:設定方法→P140
フォントサイズ:文字の大きさを変更します。
はっきり文字:大きく見やすい文字で表示するかを設
定します。
現在のキーボード:設定方法→P40
Googleキーボード:Googleキーボードの設定をし
ます。
Super ATOK ULTIAS:設定方法→P40
ドコモ文字編集:ドコモ文字編集アプリの詳細を確認
します。
Google音声入力:設定方法→P141
テキスト読み上げの出力:テキスト読み上げに関する
設定を行います。
ポインタの速度:マウスやトラックパッド使用時のポ
インタの速度を設定します。
◆ 英語表示に切り替え
利用する言語を英語に変更します。
1
ホーム画面で [設定][ 言 語・文 字・入 力 ]
[言語]
2
[English]
お知らせ
アプリによっては英語表示されません。
日本語表示に戻す場合は次の操作を行います。
ホーム画面で →[Settings]→[Language/Text/
Input]→[Language]→[日本語]
◆ フォント
表示フォントの種類を変更します。
1
ホーム画面で [設定][ 言 語・文 字・入 力 ]
[フォント]
2
フォントを選択[OK]
お知らせ
画面によっては、電源を入れ直すとフォントの設定が反
映されます。
アプリやWebサイトによっては、フォントの設定が反映
されない場合やフォントが正しく表示されない場合があ
ります。
言語・文字・入力
本体設定
141
◆ 音声検索の設定
Google音声検索の機能を設定します。
1
ホーム画面で [設定][ 言 語・文 字・入 力 ]
[Google音声入力]
2
各項目を設定
言語:Google音声検索時に使用する言語を設定しま
す。
「OK Google」の検出:「OK Google」と発声して音
声検索を開始できるように設定します。
ハンズフリー:端末をロックした状態で、ハンズフ
リー機器からのリクエストを許可するかを設定しま
す。
音声出力:音声出力について設定します。
オフラインの音声認識:言語を追加でダウンロードし
て、オフライン状態でも音声認識を使えるように設定
します。
不適切な語句をブロック:不適切な結果を表示するか
を設定します。
Bluetoothヘッドセット:Bluetooth機器を使用して
音声検索を行うかを設定します。
FMトランスミッタやスライドディスプレイなどの設定を
行います。
1
ホーム画面で [設定][便利機能]
2
各項目を設定
位置情報・GPS:設定方法→P108
電話:設定方法→P69
NFC/おサイフケータイ 設定:設定方法→P86、
P158
パーソナルアシスト:設定方法→P142
FMトランスミッタ:設定方法→P142
手袋タッチ:設定方法→P143
スライドイン機能:設定方法→P143
ナビゲーションバー:設定方法→P143
歩数計:設定方法→P144
電源ボタンを2回押してカメラを起動:電源キーを2
回押すとカメラが起動するように設定します。
イヤホンランチャー:イヤホン接続時に、ランチャー
を表示してアプリを起動できるように設定します。
[ランチャー設定]でランチャーに表示するアプリ
を設定します。
便利機能
本体設定
142
◆ パーソナルアシスト
場所や時間、曜日などの情報をもとに本端末の使用状況を
学習することで、ユーザーが使いやすいようにアプリの候
補を表示させる機能を設定します。
パーソナルアシストをONにすると、本端末の使用状況
の学習が開始されます。学習が完了すると、ホーム画面
にパーソナルアシストが表示されるようになります。な
お、学習が完了するまでに数日かかる場合があります。
1
ホーム画面で [設定][便利機能]
[パーソナルアシスト]
2
[パーソナルアシスト]ONにする
[機能説明]をタップすると、パーソナルアシスト
の詳しい説明や使いかたを確認できます。
3
画面の指示に従って操作[利用開始]
お知らせ
パーソナルアシストをより快適に利用するには、次の設
定を行ってください。現在地の精度が高まり、アシスト
の精度が向上します。また、Wi-Fiを利用することで、室
内などGPS機能を利用できない場所でも位置を特定でき
ます。
-[位置情報・GPS]をONにし、モードを[高精度]に
設定する→P108
-[Wi-Fi]をONにする→P121
- ホーム画面で →[設定]→[便利機能]→[位置情
報・GPS]→[メニュー]→[スキャン]→[Wi-Fi
スキャン]をONにする
◆ FMトランスミッタ
本端末に保存した音楽などをFM電波で送信して、FM
ジオやカーステレオなどで聴くことができます。
ドコモnanoUIMカードを取り付けていない場合、FM
トランスミッタ機能を利用できません。
受信状態をよくするには、TVFMトランスミッタアン
テナを十分に伸ばし、本端末とFMラジオなどの距離を
近づけたり、アンテナの向きを変えたりしてください。
P90
1
ホーム画面で [設定][便利機能]
[FMトランスミッタ]
2
[FMトランスミッタ]ONにする[OK]
3
[周波数選択]周波数を選択
4
受信機器側で周波数を合わせる
お知らせ
本端末が次の状態の場合は、FMトランスミッタをON
できません。また、FMトランスミッタがONのときに次
の状態になった場合、FMトランスミッタは自動的に
OFFになります。
- 機内モード中、Bluetooth機能ON、イヤホン接続中
Miracast出力中、国際ローミング中
- 電源を入れてから一度も圏内に入っていない状態のと
電話着信中・音声通話中はFMトランスミッタをONにで
きません。また、FMトランスミッタがONのとき、電話
着信・音声通話は可能ですが、FMトランスミッタによる
音声出力ができなくなります。
本体設定
143
◆ 手袋タッチ
手袋をしていてもタッチ操作できるように、タッチパネル
の感度を上げるかを設定します。
1
ホーム画面で [設定][便利機能]
2
[手袋タッチ]にチェック/チェックを外す
お知らせ
手袋の素材によってはタッチ操作がしづらい場合があり
ます。
タッチ操作がしづらい場合は、指を寝かせて指の腹を
タッチパネルに接触させるように操作してください。
[手袋タッチ]にチェックを付けた状態で手袋をはめずに
タッチ操作を行うと、タッチのしかたによっては意図し
ない操作が実行される場合があります。
◆ スライドイン機能
画面の端から指をスライドさせて、表示されたランチャー
からアプリを起動したり、画面をキャプチャしたり、画面
を指でなぞって文字をコピーしたりできるように設定しま
す。
1
ホーム画面で [設定][便利機能][ス
ライドイン機能]
2
[スライドイン機能]ONにする
3
各項目を設定
[機能説明]をタップすると、スライドインラン
チャー、キャプメモ、なぞってコピーの使いかたが
表示されます。
お知らせ
ランチャーに登録したアプリが更新された場合、登録が
解除されることがあります。
◆ ナビゲーションバー
ナビゲーションバーに表示するアイコン(→P45)を設
定します。
1
ホーム画面で [設定][便利機能][ナ
ビゲーションバー]
2
[アイコン選択][OFF][いつでもズー
ム][スライドディスプレイ]
3
[アイコンの表示位置]項目を選択
本体設定
144
◆歩
歩数のカウントを開始するかを設定します。
[歩数計利用]をONにすると、歩数情報を利用するアプ
リやウィジェットが使用できるようになります。
身長と体重を設定すると、より正確な歩数情報が取得で
きます。→P145
1
ホーム画面で [設定][便利機能][歩
数計]
2
[歩数計利用]をONする
全履歴の削除:[歩数計の全履歴削除][実行]
[はい]
カウント中の歩数も含め、履歴がすべて削除されま
す。
歩数計ご使用時の注意事項
歩数を正確にカウントするためには、正しく装着して
(キャリングケースに入れて腰のベルトなどに装着する、
かばんに入れるときは固定できるポケットや仕切りの中
に入れる)毎分100120歩程度の速さで歩くことを
おすすめします。
正しく装着していても、手や足など身体の一部のみが動
作しているなど歩行が本端末に伝わらない状態では、歩
数のカウントが正確に行われないことがあります。
次の場合は歩数が正確にカウントされないことがありま
す。
- 本端末を入れたかばんが足や腰に当たって不規則に動
くときや、本端末を腰やかばんにぶら下げたとき
- すり足のような歩きかたや、サンダル、下駄、草履な
どを履いて不規則な歩行をしたとき、混雑した場所を
歩くなど歩行が乱れたとき
- 立ったり座ったり、階段や急斜面の昇り降りをしたり、
乗り物(自転車、車、電車、バスなど)に乗車したり
など、上下運動や振動、横揺れなどが多いとき
- 歩行以外のスポーツを行ったときや、ジョギングをし
たとき、極端にゆっくり歩いたとき
本端末に振動や揺れが加わっているときは、歩数のカウ
ントが正確に行われないことがあります。
ユーザーやゲストが利用できる機能を利用している場
合、歩数計は同一に扱われます。
お知らせ
誤カウントを防ぐために歩行を始めたかを判断している
ため、歩き始めは数値が変わりません。目安として4
程度歩くとそこまでの歩数が加算されます。
カウントした歩数は約60分ごとに保存されます。ただ
し、当日カウントされない歩数については、翌日補正さ
れます。
歩数のカウントが更新されない場合は、画面を表示し直
すと反映されます。
歩数の情報は本端末の故障、修理やその他の取り扱いに
よって消失してしまう場合があります。万が一、消失し
てしまうことがあっても、当社としては責任を負いかね
ますのであらかじめご了承ください。
本体設定
145
ドコモのサービスやクラウドの設定を行います。
1
ホーム画面で [設定][ドコモのサービ
ス/クラウド]
2
各項目を設定
dアカウント設定:ドコモアプリで利用するdアカウ
ントを設定します。また、端末に登録されている生体
情報(虹彩認証)を利用したdアカウント認証の設定
もできます。
ドコモクラウド:ドコモクラウドに対応した各種サー
ビスのクラウド設定を行います。
ドコモアプリ管理:ドコモが提供するアプリのアップ
デートをしたり、定期アップデートの動作や通知方法
などを設定します。
おすすめ使い方ヒント:操作や利用状況にあわせて、
使いかたのヒントを利用できるように設定します。
ドコモアプリパスワード:ドコモアプリで利用するパ
スワードを設定します。
初期値は「0000」に設定されています。
オートGPS:オートGPS機能の設定などを行います。
ドコモ位置情報:イマドコサーチ、イマドコかんたん
サーチ、ケータイお探しサービスの位置情報サービス
機能の設定を行います。
端末エラー情報送信:エラー情報をドコモが管理する
サーバーへ送信するための設定を行います。
遠隔初期化:遠隔操作による端末内データなどを初期
化するサービスを利用するための設定を行います。
プロフィール設定:ドコモの各種サービスで利用する
お客様のプロフィール情報を、確認・変更できます。
ドコモサービス初期設定:ドコモサービスの設定を一
括して行います。
USBデバッグ切替:ドコモショップなどで専用端末
を利用するための設定を行います。
オープンソースライセンス:オープンソースライセン
スを表示します。
お知らせ
ドコモのサービス/クラウドで表示されるアプリの中に
は無効化できるものがあります。無効化した場合、ドコ
モのサービス/クラウドの一覧には表示されなくなるこ
とがあります。また、新たにドコモ提供のアプリをダウ
ンロードすると、ドコモのサービス/クラウドの一覧に
項目が追加されることがあります。
ご自身の情報を登録したり編集したりできます。
1
ホーム画面で [設定][プロフィール]
2
各項目を設定
マイプロフィール:設定方法→P72
自分からだ設定:健康系のアプリやウィジェットで利
用する基本情報の設定を行います。
ドコモのサービス/クラウド
プロフィール
本体設定
146
◆ユ
ユーザーを追加することで、本端末を複数のユーザーで共
有できます(ユーザーやゲストが利用できる機能)
1
ホーム画面で [設定][端末管理]
[ユーザー]
2
各項目を設定
自分(XXX)現在使用しているユーザーです。タッ
プするとユーザー名やアイコンを編集できます。
(ユーザー名)登録済みのユーザー名が表示されま
す。タップするとユーザーを切り替えることができま
す。
所有者の使用中にユーザーの をタップすると、
ユーザーに電話/SMSの使用を許可するかどうか
の設定と、ユーザー削除の操作ができます。
ゲスト:登録しているユーザー以外の人に本端末を貸
す場合にタップします。
所有者の使用中にゲストの をタップすると、ゲス
トに電話の使用を許可するかどうかの設定ができま
す。
ユーザーを追加:ユーザーを追加登録します。
ユーザーを追加するごとに初期設定が必要です。画
面の指示に従って設定してください。
お知らせ
所有者とゲストをあわせて最大5人のユーザーを登録で
きます。
本端末の所有者は、ユーザー名の下に[所有者」が表示
されます。
ユーザー名の表示は、本端末の初期設定時に登録した姓
名により次のように異なります
- 姓名を両方登録、または名のみ登録している場合:名
で表示
- 姓のみ登録している場合:姓で表
- 初期設定時に姓名を登録していない場合:マイプロ
フィール(→P72)を登録するとその内容で表示
ユーザー名を変更するには、ユーザーの使用中にユー
ザー名をタップ→ユーザー名を入力→[OK]をタップし
ます。
ユーザーの使用中にユーザーを削除するには、[メ
ニュー]→[この端末から(ユーザー名)を削除]を
タップします。
ゲストの使用中にゲストを削除するには、[ゲストを削
除]または[メニュー]→[この端末からゲストを削除]
をタップします。
認証操作が必要なセキュリティ解除方法を設定している
場合、ロック画面から通知パネル(→P47)を開いて
をタップしても、ユーザーやゲストを追加することは
できません。
ユーザーの追加を許可するには、所有者の使用中に[メ
ニュー]→[端末のロック時にユーザーを追加]に
チェックを付けてください。
ユーザーまたはゲストの使用中は、表示される機能が異
なったり、アプリや機能の利用が制限されたりします。
端末管理
本体設定
147
◆ アプリケーション
インストールしたアプリの管理や削除などを行います。
本端末のアプリに許可されている動作の表
1
ホーム画面で [設定][端末管理][ア
プリケーション]
2
アプリを選択
アプリのデータやキャッシュの消去
1
ホーム画面で [設定][端末管理][ア
プリケーション]
2
アプリを選択[ストレージ][データを消
去][キャッシュを消去][OK]
アプリの削除
Playストアから入手したアプリは、Google Play画面
から削除することをおすすめします。→P84
お買い上げ時の状態でインストールされているアプリに
よっては削除できません。また、削除した場合は本端末
をリセットすると復元することができます。
1
ホーム画面で [設定][端末管理][ア
プリケーション]
2
アプリを選択[アンインストール][OK]
アプリの無効化
アプリの無効化は、アンインストールできない一部のア
プリやサービスで利用できます。無効化したアプリはア
プリ一覧画面やホーム画面などに表示されず、起動もで
きなくなりますが、アンインストールはされていませ
ん。
1
ホーム画面で [設定][端末管理][ア
プリケーション]
2
アプリを選択[無効にする][有効にす
る]
[無効にする]を選択した場合は[無効にする]を
タップします。
お知らせ
アプリを無効化した場合、無効化されたアプリと連携し
ている他のアプリが正しく動作しないことがあります。
その場合、再度アプリを有効にすることで正しく動作し
ます。
本体設定
148
◆メ
本端末にインストールされているアプリのメモリ使用状況
を確認できます。
[アプリのメモリ使用状況]をタップすると、各アプリ
のメモリ使用状況を確認できます。
◆ ストレージとUSB
1
ホーム画面で [設定][端末管理][ス
トレージとUSB]
2
各項目を設定
内部ストレージ:本端末のメモリの合計容量とデータ
ごとの保存容量、空き容量を確認します。
SDカード:microSDカードの使用状況を確認しま
す。また をタップすると、microSDカードの認識
を解除して安全に取り外すことができます。
microSDカードを認識させるには[SDカード]→
[マウント]をタップします。
microSDカードのデータ消去(フォー
マット)
操作を行うと、microSDカード内のデータがすべて消
去されますのでご注意ください。
1
ホーム画面で [設定][端末管理][ス
トレージとUSB][SDカード]
2
[メニュー][設定][フォーマット]
3
[消去してフォーマット][完了]
◆ バックアップとリセット
1
ホーム画面で [設定][端末管理]
[バックアップとリセット]
2
各項目を設定
データのバックアップ:アプリの設定やデータなどを
Googleサーバーにバックアップするかを設定します。
バックアップアカウント:Googleサーバーにバック
アップするアカウントを設定します。
自動復元:アプリの再インストール時に、バックアッ
プ済みの設定やデータを復元するかを設定します。
ネットワーク設定のリセット:ネットワーク設定をす
べてリセットします。
データの初期化:設定方法→P149
本体設定
149
本端末の初期化
本端末を初期化すると、お客様がインストールしたアプリ
や登録したデータは、一部を除き削除されます。
microSDカードのデータ消去については「microSD
カードのデータ消去(フォーマット)」をご覧ください。
P148
1
ホーム画面で [設定][端末管理]
[バックアップとリセット]
2
[データの初期化][携帯端末をリセット]
認証操作が必要なセキュリティ解除方法を設定して
いる場合は、認証操作が必要です。
3
[すべて消去]
リセットが完了してしばらくたつと、本端末が再起動
します。
初期化中に電源を切らないでください。
お知らせ
初期化後、タッチパネル操作が正しく動作しない場合な
どは、電源を入れ直してください。
初期化後、表示フォントは「Noto Sans」になります。
◆ アカウント
アカウントの追加や削除を行います。
アカウントの追加
1
ホーム画面で [設定][端末管理][ア
カウント]
2
[アカウントを追加]アカウントの種類
選択画面の指示に従って操作
アカウントを設定:アカウントの種類を選択アカウ
ントを選択各項目を設定
お知らせ
本端末に複数のGoogleアカウントを追加することがで
きます。
表示された画面以外の空き領域をタップすると、キャン
セルの動作になる場合があります。
[メニュー]→[データの自動同期]にチェックを付ける
と、Googleなどのオンラインサービスの情報を自動的に
同期することができます。
本体設定
150
アカウントの削除
1
ホーム画面で [設定][端末管理][ア
カウント]
2
アカウントの種類を選択カウントを選
[メニュー][アカウントを削除][ア
カウントを削除]
お知らせ
docomoのアカウント、FUJITSUアカウントは削除で
きません。
手動で同期を開始
1
ホーム画面で [設定][端末管理][ア
カウント]
2
アカウントの種類を選択カウントを選
[メニュー][今すぐ同期]
■ 同期の中止
1
同期中に[メニュー][同期をキャンセル
◆ 日付と時刻
日付と時刻に関する設定を行います。
[日付と時刻の自動設定]/[タイムゾーンを自動設定]
のチェックを外すと、日付とタイムゾーン、時刻を手動
で設定できます。
1
ホーム画面で [設定][端末管理][日
付と時刻]
2
各項目を設定
日付と時刻の自動設定:ネットワーク上の日付・時刻
情報を使って自動的に補正するかを設定します。
タイムゾーンを自動設定:ネットワーク上のタイム
ゾーン情報を使って自動的に補正するかを設定しま
す。
日付設定:日付を手動で設定します。
時刻設定:時刻を手動で設定します。
タイムゾーンの選択:タイムゾーンを手動で設定しま
す。
24時間表示:24時間表示にするかを設定します。
本体設定
151
◆ ユーザー補助
ユーザー操作を補助する設定を行います。
1
ホーム画面で [設定][端末管理]
[ユーザー補助]
2
各項目を設定
おすすめ使い方ヒント:操作や利用状況にあわせて、
使いかたのヒントを利用できるように設定します。
字幕:字幕を表示するかを設定したり、字幕の言語や
文字の大きさなどを設定します。
拡大操作:画面を3回タップすると拡大/縮小するか
を設定します。
大きい文字サイズ:文字を大きくするかを設定しま
す。
高コントラストテキスト:テキストのコントラストを
高くするかを設定します。
パスワードの音声出力:パスワードを音声で出力する
かを設定します。
ユーザー補助のショートカット:ユーザー補助機能を
起動するかを設定します。
テキスト読み上げの出力:テキスト読み上げに関する
設定を行います。
押し続ける時間:ロングタッチを感知する時間を設定
します。
色反転:色を反転させるかを設定します。
色補正:色補正機能に関する設定をします。
◆ 端末情報
本端末に関する各種情報を表示します。
1
ホーム画面で [設定][端末管理][端
末情報]
2
項目を確認
ソフトウェアアップデート:設定方法→P181
端末の状態:電池の状態や電池の性能、SIMカード内
の情報(ネットワーク名や電話番号など)、アドレス、
IMEI(個別のシリアルナンバー)などを表示します。
法的情報:オープンソースライセンスやGoogle利用
規約などに関する詳細を表示します。
認証:認定および準拠マークに関する詳細を表示しま
す。
モデル番号/Androidバージョン/Androidセキュリ
ティパッチレベル/ベースバンドバージョン/カーネ
ルバージョン/ビルド番号:各バージョンや番号を表
示します。
ファイル管理
152
ファイル管理
お買い上げ時の本体メモリ(/storage/emulated/0/)
のフォルダ構成と、各フォルダに保存されるデータは次の
とおりです。
◆ microSDカードについて
本端末は、2GBまでのmicroSDカード、32GBまでの
microSDHCカードまたはmicroSDHC UHS-Iカード、
200GBまでのmicroSDXCカードまたはmicroSDXC
UHS-Iカードに対応しています(2016年11月現在)
市販されているすべてのmicroSDカードの動作を保証
するものではありません。対応のmicroSDカードは各
microSDカードメーカーへお問い合わせください。
microSDカードのデータにアクセスしているときに、
電源を切ったり衝撃を与えたりしないでください。デー
タが壊れる恐れがあります。
お知らせ
microSDXCカードは、SDXC対応機器でのみご利用い
ただけます。SDXC非対応の機器にmicroSDXCカード
を差し込むと、microSDXCカードに保存されている
データが破損することがあるため、差し込まないでくだ
さい。データが破損したmicroSDXCカードを再度利用
するためには、SDXC対応機器にてmicroSDXCカード
を初期化(データはすべて削除されます)する必要があ
ります。
SDXC非対応機器とのデータコピーについては、コピー
先(元)機器の規格に準拠したmicroSDHCカードまた
microSDカードをご利用ください。
動画撮影など大容量のデータを扱うアプリを利用する場
合は、高速のmicroSDカードをご利用ください。
本体(内部ストレージ)
Alarms アラーム音
Android インストールしたアプリの一時ファ
イルなど
arrows movie お買い上げ時にインストールされて
いる動画
DCIM カメラで撮影した静止画/動画など
Download ブラウザなどでダウンロードした
ファイル
Movies 動画(カメラで撮影した動画を除く)
Music 音楽ファイル
Notifications 通知音
Pictures 静止画(カメラで撮影した静止画を
除く)
Podcasts Podcast(インターネット経由で配
信される番組など)のファイル
Premium Photo お買い上げ時にインストールされて
いる静止画
Ringtones 着信音
microSDカード(外部ストレー
ジ)
ファイル管理
153
microSDカードのスピードクラスは、最大クラス10
で使用できます。
microSDカードのUHSスピードクラスは、クラス3
で使用できます。
◆ microSDカードの取り付け/取り外し
取り付け/取り外しは、マウントを解除(→P148)す
るか電源を切ってから行ってください。
■ 取り付けかた
aミゾに指先をかけてスロットキャップを開けるP24
b本端末のディスプレイ側を下に向けているときに
microSDカードの金属端子面が下を向くように
microSDカードスロットに差し込み、「カチッ」と音
がするまで押し込む
c本端末のスロットキャップをしっかり押して閉じる
P24
■ 取り外しかた
aミゾに指先をかけてスロットキャップを開けるP24
bmicroSDカードを軽く押し込んでから離し、
microSDカードをまっすぐ引き出す
c本端末のスロットキャップをしっかり押して閉じる
P24
お知らせ
microSDカードを取り外すとき、microSDカードが飛
び出す場合がありますのでご注意ください。
スロトキャ
スロトキャ
ファイル管理
154
本端末の本体メモリやmicroSDカードに保存されたデー
タの管理(フォルダ・ファイル名の変更/削除/コピー/
移動など)ができます。
1
ホーム画面で [KSfilemanager]
2
フォルダ/ファイルをロングタッチ
ファイルをタップすると、ファイルの表示/再生が
できます。
画面上部の[内部ストレージ]/[SDカード]を
タップすると表示するストレージの切り替えができ
ます。[上へ]をタップすると1つ上の階層のフォル
ダに移動します。
→[ヘルプ]をタップすると、ファイルマネー
ジャーの使いかたが表示されます。
→[新規フォルダ]をタップすると、新しいフォ
ルダを作成できます。
3
目的の操作を選択
コピー:フォルダ/ファイルをコピーします。
切り取り:フォルダ/ファイルを切り取ります。
削除:フォルダ/ファイルを削除します。
・・・へコピー:フォルダ/ファイルを選択したフォル
ダにコピーします。
・・・へ移動:フォルダ/ファイルを選択したフォルダ
に移動します。
名前の変更:フォルダ/ファイルの名前を変更しま
す。
ブックマークへ追加:フォルダをブックマークへ追加
します。
送信:ファイル/ZIP圧縮したフォルダを送信しま
す。
ZIP圧縮:フォルダ/ファイルをZIP圧縮します。
ZIP解凍:ZIPファイルを解凍します。
プロパティ:フォルダ/ファイルのプロパティを表示
します。
キャンセル:操作メニューを閉じます。
ファイル操作
データ通信
155
データ通信
◆ Bluetooth機能の利用
本端末とBluetooth機器を接続してワイヤレスで通信した
り、音声や音楽などを再生したりします。
Bluetooth接続を行うと電池の消費が早くなりますので
ご注意ください。
すべてのBluetooth機器とのワイヤレス通信を保証する
ものではありません。
お知らせ
対応バージョン、プロファイルなどについては「主な仕
様」をご覧ください。→P185
フルセグ/ワンセグの音声は、SCMS-T方式の著作権保
護に対応しているA2DP対応Bluetooth機器でのみ再生
できます。
Bluetooth機器のご使用にあたっては、お使いの
Bluetooth機器の取扱説明書をご覧ください。
Bluetooth機能取り扱い上のご注意
他のBluetooth機器とは、見通し距離約10m以内で接
続してください。本端末とBluetooth機器の間に障害物
がある場合や周囲の環境(壁、家具など)、建物の構造
によっては接続可能距離が短くなります。
電気製品/AV機器/OA機器などからなるべく離して
接続してください。電子レンジ使用時は影響を受けやす
いため、できるだけ離れてください。他の機器の電源が
入っているときは正常に接続できなかったり、テレビや
ラジオの雑音や受信障害の原因になったりすることがあ
ります。
放送局や無線機などが近くにあり周囲の電波が強すぎる
と、正常に接続できないことがあります。
Bluetooth機器が発信する電波は、電子医療機器などの
動作に影響を与える可能性があります。場合によっては
事故を発生させる原因になりますので、電車内、航空機
内、病院内、自動ドアや火災報知器から近い場所、ガソ
リンスタンドなど引火性ガスの発生する可能性のある場
所では本端末の電源および周囲のBluetooth機器の電源
を切ってください。
無線LANとの電波干渉について
Bluetooth機器と無線LAN(IEEE802.11b/g/n)は同
一周波数帯(2.4GHz)を使用するため、無線LANを搭載
した機器の近辺で使用すると電波干渉が発生し、通信速度
の低下や雑音、接続不能の原因になる場合があります。こ
の場合、無線LANの電源を切るか、本端末やBluetooth
機器を無線LANから10m以上離してください。
Bluetooth®通信
データ通信
156
◆ Bluetooth機能ONOFF
Bluetooth機能を利用するときは、Bluetooth機能をON
に設定してください。利用しないときは、電池の減りを防
ぐためOFFに設定してください。
ONのときはステータスバーに が表示されます。
Bluetooth機能ONOFFの設定は、電源を切っても変
更されません。
1
ホーム画面で [設定][Wi-Fi
Bluetooth]
2
[Bluetooth]をタップしてON/OFFを設定
Qualcomm® aptX audioについての画面が表示
されたら[OK]をタップします。
◆ Bluetooth機器との接続
Bluetooth機器を接続します。Bluetooth機器で通話した
り、音声や音楽を再生したり、Bluetooth機器とデータを
送受信したりすることができます。また、Bluetooth対応
キーボードで本端末の文字入力ができます。
あらかじめBluetooth機器を検出できる状態にしてくだ
さい。
接続中はステータスバーに が表示されます。
プロファイルがHFPHSP/DUNA2DPの場合、
同時に接続できるBluetooth機器は1台です。
Qualcomm® aptX
audioを搭載している
Bluetooth機器で、
aptXオーディオコー
デックを利用した音楽再生が可能です。
1
ホーム画面で [設定][Wi-Fi
Bluetooth]
2
[Bluetooth]をONにす
3
[Bluetooth機器の検索]
接続するBluetooth機器が表示されない場合は、
[更新]をタップします。
4
検出されたBluetooth機器をタップ必要
に応じてパスコード(PIN)を入力して[OK]
[ペア設定する]
■ 他のBluetooth機器から接続要求を受けた場合
Bluetoothのペア設定リクエスト画面が表示された場合
は、必要に応じてパスコード(PIN)を入力して[OK]
/[ペア設定する]をタップしてください。
データ通信
157
◆ Bluetooth機器とのデータ送受
Scene(→P103)や電話帳などのデータを送信したり、
Bluetooth機器からデータを受信したりできます。
あらかじめBluetooth機器を接続した状態または検出で
きる状態にしてください。
〈例〉Sceneのファイルを送信する
1
Sceneを開いて画像をタップ
2
[写真を送信][Bluethooth][縮小
なし][画像を縮小][OK]
3
Bluetooth機器をタップ
通知パネルを開くと送信完了を確認できます。
〈例〉Bluetooth機器からファイルを受信する
1
Bluetooth機器からファイルを送信
2
ファイル着信通知後に通知パネルを開く
[Bluetooth共有ファイル着信][承諾]
受信したファイルは、ホーム画面で →[設定]→
[Wi-Fi・Bluetooth]→[Bluetooth詳細設定]→
[受信済みファイルを表示]をタップして確認でき
ます。
◆ Bluetooth機器との接続解除
1
ホーム画面で [設定][Wi-Fi
Bluetooth]
2
[Bluetooth]をONにす[Bluetooth
器の検索]接続を解除したい機器をタップ
[OK]
◆ Bluetooth機器とのペアリング解除
1
ホーム画面で [設定][Wi-Fi
Bluetooth]
2
[Bluetooth]をONにす[Bluetooth
器の検索]Bluetooth機器の [削除]
◆ Bluetooth機器の名前を変更
1
ホーム画面で [設定][Wi-Fi
Bluetooth]
2
[Bluetooth]をONにす[Bluetooth
細設定][この端末の名前を変更]機器名
を入力[名前を変更]
データ通信
158
Bluetooth Low Energy設定
Bluetooth Low Energy対応機器との通知設定をします。
1
ホーム画面で [設定][Wi-Fi
Bluetooth][Bluetooth詳細設定]
[Bluetooth Low Energy]
2
各項目を設定
Alert Notification:電話着信やメール受信時などに
対応機器へ通知するかを設定します。
Alert Notification詳細設定:Alert Notification
ONの場合、通知する項目(電話着信、ドコモメール、
Eメール、Gmail、SMS、アラーム、カレンダー)を
選択できます。
Find Me通知音:対応機器から通知を受けたときに通
知音を鳴らすかを設定します。
Find Me通知音選択:Find Me通知音がONの場合、
通知音カテゴリ一覧から通知音を選択できます。
Proximity:接続を解除したときの対応機器の通知レ
ベルを設定します。
本設定を反映するには、再度対応機器との接続が必
要です。
Time:Time対応機器と時刻の同期をするかを設定し
ます。
本設定に関わらず、本端末とTime対応機器のペア
リング中の時刻は同期します。本設定がONの場合
には、ペアリング完了後に本端末の時刻が変わった
場合でも、Time対応機器の時刻は同期します。
お知らせ
マナーモード、音量の設定に関わらず、Bluetooth Low
Energy設定のFind Me通知音は鳴ります
NFCとはNear Field Communicationの略で、ISO(国
際標準化機構)で規定された国際標準の近接型無線通信方
式です。非接触ICカード機能やReader/Writer機能、
P2P機能などが本端末でご利用いただけます。
NFCの機能を利用して、他の対応機器とデータのやりと
りができます。
対向機にかざす際の注意事項については、「対向機にか
ざす際の注意事項」をご覧ください。→P87
◆ Androidビーム
ReaderWriter, P2P機能を搭載した端末との間でデー
タを送受信できます。
Androidビームを利用するには、あらかじめデータ交換
を許可する設定を行っておく必要があります。
「NFC/おサイフケータイ ロック」を設定している場合
は、Androidビームを利用できません
アプリによっては、Androidビームをご利用になれませ
ん。また、送受信できるデータはアプリによって異なり
ます。
すべてのReaderWriter, P2P機能を搭載した端末と
の通信を保証するものではありません。
1
ホーム画面で [設定][便利機能]
[NFC/おサイフケータイ 設定]
パスワード設定画面が表示されたら、パスワードを
設定してください。
[NFC/おサイフケータイ ロック]にチェックが付
いている場合は、チェックを外します。
NFC通信
データ通信
159
2
[ReaderWriter, P2P]にチェック
3
[Androidビーム]画面右上のボタンを
タップして[Androidビーム]をONにす
画面に表示したコンテンツの転送
対応端末間で互いの マークをかざすだけで、画面に表
示したWebサイトやコンテンツを転送できます。
1
対応端末それぞれのAndroidビーム機能を
利用可能に設定
2
送信側の端末で転送するWebサイトやコン
テンツを表示
3
対応端末それぞれの マークを重ね合わせ
対向機を検知すると通知音が鳴り、送信側の端末の
画面が縮小表示され、「タップしてビーム」と表示
されます。
送信側で共有メニューなどから操作している場合
は、 マークを重ね合わせるだけで自動的に転送が
開始されます。
4
転送する画面をタップ
受信側の端末に、送信側で表示されていた内容が転送
されます。
外部機器接続
160
外部機器接続
◆ 本端末のデータをパソコンから操作
microUSB接続ケーブル 01(別売品)で本端末とパソコ
ンを接続すると、本端末の内部ストレージやmicroSD
カードのデータをパソコンから操作できます。
Windows Vista、Windows 7、Windows 8.1、
Windows 10に対応しています。ただし、すべてのパ
ソコンで動作を保証するものではありません。
1
USBケーブルのmicroUSBプラグを本端末
の外部接続端子に、USBケーブルのUSB
ラグをパソコンのUSBコネクタに差し込む
2
通知パネルを開くUSBオプションの通知
をタップ
3
USBオプションを選択
充電:充電のみ行います。
ファイル転送:MTP対応のファイル管理用ソフト
ウェアで音楽や動画などを転送できます。
写真の転送(PTP)MTP非対応のパソコンなどに静
止画や動画を転送できます。
MIDI:本端末をMIDI入力に使用します。
USBテザリング:→P128
4
目的の操作を行う
お知らせ
本端末でmicroSDカードがマウントされていない場合
は、パソコンからmicroSDカードを認識できません。そ
の場合は、ホーム画面で →[設定]→[端末管理]→
[ストレージとUSB]→[SDカード]→[マウント]を
タップしてからパソコンに接続します。
[写真の転送(PTP)]を選択している場合は、microSD
カードを取り外しているときのみ本端末の内部ストレー
ジのデータをパソコンから操作できます。
◆ クラウドプリントでプリンタを接
Googleクラウドプリント機能で、パソコンで日常使って
いるプリンタを接続して、本端末で表示している静止画や
ブラウザのWebページなどを印刷することができます。
また、クラウド対応プリンタの場合は、パソコンなしでイ
ンターネット接続してGoogleクラウドプリントのアカウ
ントに関連付けしたプリンタとして接続できます。
Googleクラウドプリントを利用するには、Google
カウントを設定する必要があります。
アプリのバージョンによって項目や表示が異なる場合が
あります。
Googleクラウドプリント機能の詳細については、
GoogleのホームページでGoogleクラウドプリントの
ヘルプをご覧ください。
パソコンとの接続
プリンタとの接続
外部機器接続
161
1
ホーム画面で [設定][端末管理][印
刷][クラウド プリント
2
画面右上のボタンをタップして[クラウド プ
リント]をONにする
3
[OK]
あらかじめGoogleアカウントでプリンタの接続設定
ができている場合は、印刷時に接続できるプリンタを
含むクラウドプリントメニューが表示されます。
Googleアカウントを設定していない場合は、プリ
ンタの検索中画面の後に表示される設定メニューの
[アカウントを追加]をタップしてGoogleアカウン
トを設定します。
パソコンの印刷環境で日常使っているプリンタ、ま
たはクラウド対応プリンタの接続設定ができていな
い場合は、プリンタの検索中画面の後に表示される
クラウド プリント画面で[メニュー]→[プリンタ
を追加]をタップして接続方法を確認して接続を設
定してください。
◆ Wi-Fi対応プリンタとの接続
キヤノン製とセイコーエプソン製のWi-Fi対応プリンタを
検索する「Canon Print Service」と「Epson 印刷サー
ビス プラグイン」を使って、本端末とプリンタを簡単に
接続できます。その他のWi-Fi対応プリンタもPlayストア
などにGoogleクラウドプリント対応アプリがある場合
は、ダウンロードして利用できます。
あらかじめ本端末のWi-FiONにして、Wi-Fi対応プリ
ンタと同じアクセスポイントに接続しておきます。→
P121
1
ホーム画面で [設定][端末管理][印
刷]
2
[Canon Print Service][Epson 印刷
サービス プラグイン]
3
画面右上のボタンをタップして[Canon
Print Service][Epson 印刷サービス
ラグイン]をONにす
4
[OK]
接続可能なプリンタを検索します。
お知らせ
セイコーエプソン製/キヤノン製のWi-Fi対応プリンタに
ついては、次のホームページでご確認ください。
〈キヤノン〉http://canon.jp/pixus
〈セイコーエプソン〉http://www.epson.jp/products/
colorio/
Wi-Fi対応プリンタ側での操作については、プリンタの取
扱説明書をご覧ください。
外部機器接続
162
◆印
1
ブラウザ画面などで[メニュー][印刷]
接続したプリンタの印刷設定画面が表示されます。
クラウドプリントの場合、プリンタの代わりに[ド
ライブに保存]/[PDF形式で保存]を選択する
と、印刷データをGoogleドライブに保存したり、
PDFデータを作成したりできます。
2
各項目を設定
部数や用紙サイズなどを設定します。
3
印刷を実行
お知らせ
印刷可能なデータは、使用しているアプリの印刷機能へ
の対応状況により異なります。
本端末に保存されている静止画、動画、音楽のコンテンツ
を、DLNA対応のテレビやパソコンで再生できます。ま
た、DLNA対応のパソコンやネットワーク接続HDD
(NAS)のコンテンツを、本端末で再生できます。
DLNA対応機器と接続するにはWi-Fiネットワーク接続
が必要です。→P121
DLNA対応機器側での操作については、DLNA対応機器
の取扱説明書をご覧ください。
本端末とすべてのDLNA対応機器間との接続を保証する
ものではありません。
本端末はDTCP-IPに対応しています。ただし、すべて
DTCP-IP対応機器との連携を保証するものではあり
ません。
DiXiM Serverの設定
本端末のコンテンツを、ホームネットワーク上で公開する
ための設定を行います。
1
ホーム画面で [DiXiM Player]
Wi-Fi設定の確認画面が表示されたら、画面の指示
に従って操作してください。
2
[アプリの設定][DiXiM Serverの設
定]
[DiXiM Server]の確認画面が表示されたら、[は
い]をタップします。
3
各項目を設定
DiXiM Server:チェックを付けると、サーバー機能
ONになります。
DLNA対応機器との接続
外部機器接続
163
サーバー名:DLNA対応機器に表示される名前を変更
します。
アクセス権の設定:[アクセス権の初期設定]に
チェックを付けると、DLNA対応機器から本端末への
アクセスを許可します。チェックを外すと、[接続機
器の一覧]でチェックを付けたDLNA対応機器のみア
クセスが許可されます。
保存先設定:DLNA対応機器からアップロードされる
コンテンツの保存先を設定します。microSDカード
または本体メモリに保存できます。
公開フォルダ設定:接続機器に公開するコンテンツの
フォルダを設定します。
Wi-Fi設定:Wi-Fiネットワークの接続を設定します。
非表示になったメッセージ:起動したときにメッセー
ジを表示するかを設定します。
自動終了設定:[自動終了しない]に設定したり、自
動終了するまでの時間を設定したりします。
◆ 本端末のコンテンツをDLNA対応機器で
再生
あらかじめDiXiM Serverを起動し、DLNA対応機器か
らのアクセスを許可しておきます。
1
DLNA対応機器側で操作
本端末のDiXiM Serverにアクセスしてコンテンツ
を再生します。
お知らせ
本端末のカメラで撮影した動画などは、F-01J以外の
DLNA対応機器で再生できない場合があります。
◆ 本端末のコンテンツを配信
本端末のコンテンツをDLNA対応機器に配信し、本端末で
再生の操作ができます。
あらかじめDiXiM Serverを起動し、DLNA対応機器か
らのアクセスを許可しておきます。また、DLNA対応機
器側でも本端末からの制御を許可しておきます。
1
ホーム画面で [DiXiM Player]
2
サーバー一覧で本端末のサーバー名を選択
3
[アプリの設定][コンテンツタップ時
の動作][別の機器で再生
4
[再生先機器の選択方法][その都度選ぶ]
[あらかじめ決めておく]
[その都度選ぶ]を選択した場合は、操作6に進みま
す。
5
[既定の再生先機器]再生先のDLNA対応
機器を選択
6
(バック)再生する種別を選択フォルダ
を選択コンテンツを選択
操作4で[その都度選ぶ]を選択した場合は、リ
モート再生機器一覧から再生先を選択してくださ
い。
外部機器接続
164
◆ DLNA対応機器のコンテンツを本端末で
再生
あらかじめDLNA対応機器側でコンテンツを公開し、本
端末からのアクセスを許可してください。
1
ホーム画面で [DiXiM Player]
2
サーバー一覧でDLNA対応機器のサーバー
名を選択
3
[アプリの設定][コンテンツタップ時
の動作][この端末で再生]
[コンテンツタップ時の動作]で[別の機器で再生]
を選択し、再生先の機器を選択して別のDLNA対応
機器で再生することもできます。
4
(バック)再生する種別を選択フォルダ
を選択コンテンツを選択
5
プレイヤー画面で再生
録画再生中に をタップして[連続再生]をON
設定すると、録画されているコンテンツをリスト順
に連続して再生できます。
プレイヤーとしてコンテンツの再生をしているとき
に再生先を切り替えると、コンテンツの続きから再
生します。
お知らせ
コンテンツ選択画面でコンテンツをロングタッチすると、
表示されるメニューからコンテンツの再生や削除、ダウ
ンロードおよび別の機器で再生ができます。ただし、
DLNA対応機器によっては著作権保護されたコンテンツ
がダウンロードできない場合があります。
◆ デジタル録画番組を再生
レコーダーなどのDLNA対応機器に録画したデジタル録画
番組を本端末に保存し、再生することができます。
DLNA対応機器はコンテンツのアップロードに対応して
いる必要があります。
あらかじめDLNA対応機器からのアクセスを許可してお
きます。
1
ホーム画面で [DiXiM Player]
2
[はい]
3
DLNA対応機器からアップロードを実行
[保存先設定]で設定した保存先に、コンテンツが
保存されます。→P162
4
[持ち出し番組]持ち出し番組一覧で
再生するコンテンツを選択
外部機器接続
165
Wi-Fi接続でWi-Fi Miracast対応機器
に表示
本端末とWi-Fi Miracast対応機器をWi-Fi接続して、テレ
ビやディスプレイなどに動画、画像などを表示します。
1
ホーム画面で [設定]
2
[Wi-FiBluetooth][Wi-Fi詳細設定][画
面/音楽のキャスト][ワイヤレスディス
プレイの有効化]にチェック
3
検出されたWi-Fi Miracast対応機器をタッ
Wi-Fi Miracast対応機器と切断:接続済みの機器を
タップ[接続を解除]
お知らせ
HDCP非対応の機器と接続した場合、映像・音声は正し
く出力されません。また、コンテンツによっては、コン
テンツプロバイダから外部出力を禁止されていたり、性
能上の問題から外部出力が抑止されていたりするものが
あります。
接続中に電話着信があった場合、着信画面が接続した機
器にも表示されます。
一部のアプリでは、接続した機器にコンテンツが表示さ
れ、本端末で再生などの操作ができます。
その他の機器との接続
海外利用
166
海外利用
国際ローミング(WORLD WING)とは、日本国内で使用
している電話番号やメールアドレスはそのままに、ドコモ
と提携している海外通信事業者のサービスエリアでご利用
になれるサービスです。電話、SMSは設定の変更なくご
利用になれます。
国際ローミング(WORLD WING)の詳細については、
コモのホームページをご覧ください。
https://www.nttdocomo.co.jp/service/world/
roaming/
LTEネットワーク、3GネットワークおよびGSM
GPRSネットワークのサービスエリアでご利用になれま
す。また、3G850MHzGSM850MHzに対応した
国・地域でもご利用になれます。ご利用可能エリアをご
確認ください。
お知らせ
国番号/国際電話アクセス番号/ユニバーサルナンバー
用国際識別番号/接続可能な国・地域および海外通信事
業者は、ドコモのホームページをご確認ください。
1 ローミング時にデータ通信を利用するには、データ
ローミングの設定をONにしてください。→P167
2 接続する海外通信事業者によっては3G、3G850ま
たはGSMでのご利用となります。
お知らせ
接続する海外通信事業者やネットワークによりご利用に
なれないサービスがあります。
接続している通信事業者名は、通知パネル(→P47)で
電波状態のパネルスイッチをタップして表示される詳細
表示で確認できます。
◆ 出発前の確認
海外でご利用になる際は、日本国内で次の確認をしてくだ
さい。
国際ローミング(WORLD
WING)の概要
海外で利用可能なサービス
主な通信サービス 3G 3G850 GSM
(GPRS) LTE
電話 ○ ○※2
SMS ○ ○
メール※1 ○○ ○ ○
ブラウザ※1 ○○ ○ ○
海外でご利用になる前に
海外利用
167
■ ご契約について
WORLD WINGのお申し込み状況をご確認ください。詳細
は本書巻末の「総合お問い合わせ先」までお問い合わせく
ださい。
■ 充電について
充電についてはドコモのホームページをご確認ください。
■ 料金について
海外でのご利用料金(通話料、パケット通信料)は日本国
内とは異なります。詳細はドコモのホームページをご確認
ください。
ご利用のアプリによっては自動的に通信を行うものがあ
りますので、パケット通信料が高額になる場合がありま
す。各アプリの動作については、お客様ご自身でアプリ
提供元にご確認ください。
◆事
■ ネットワークサービスの設定について
ネットワークサービスをご契約いただいている場合、海外
からも留守番電話サービス、転送でんわサービス、番号通
知お願いサービスなどのネットワークサービスをご利用に
なれます。ただし、一部のネットワークサービスはご利用
になれません。
海外でネットワークサービスをご利用になるには、遠隔
操作設定を開始にする必要があります。渡航先で遠隔操
作設定を行うこともできます。日本国内から(→
P67)、海外から(→P170)
設定/解除などの操作が可能なネットワークサービスの
場合でも、利用する海外通信事業者によっては利用でき
ないことがあります。
◆ 滞在国での確認
海外に到着後、端末の電源を入れると、自動的に利用可能
な通信事業者に接続されます。
■ 接続について
[モバイルネットワーク]の[通信事業者]を[自動的に
選択]に設定している場合は、最適なネットワークを自動
的に選択します。
◆ 海外で利用するための設定
SIMロックを解除して他社のSIMカードを使用しデータ
通信を行う場合は、アクセスポイント(APN)を設定
してから操作してください。→P126
データローミングの設定
海外でパケット通信を行うためには、データローミングの
設定をONにする必要があります。
1
ホーム画面で [設定][データ通信機内
モード][モバイルネットワーク]
2
[データローミング]注意画面の内容を
認して[OK]
海外利用
168
通信事業者の設定
お買い上げ時は、自動的に利用できるネットワークを検出
して切り替えるように設定されています。手動でネット
ワークを切り替える場合は、次の操作で設定してくださ
い。
1
ホーム画面で [設定][データ通信機内
モード][モバイルネットワーク][通信
事業者]
利用可能なネットワークを検索して表示します。
ネットワークの検索ができない旨のメッセージが表
示された場合は、内容を確認して[OK]をタップ
します。
2
通信事業者のネットワークを選択
お知らせ
滞在先で特定の通信事業者に設定した場合は、日本に帰
国後、[自動的に選択]に設定してください。
ネットワークモードの設定
1
ホーム画面で [設定][データ通信機内
モード][モバイルネットワーク][ネッ
トワークモード]
2
[4G/3G/GSM(自動)[3G/GSM]
[GSM]
お知らせ
滞在先で[GSM]に設定した場合は、日本に帰国後、
[4G/3G/GSM(自動)]に設定してください。
日付と時刻
[日付と時刻]の[日付と時刻の自動設定][タイムゾー
ンを自動設定]にチェックを付けている場合は、接続して
いる海外通信事業者のネットワークから時刻・時差に関す
る情報を受信することで本端末の時刻や時差が補正されま
す。
海外通信事業者のネットワークによっては、時刻・時差
補正が正しく行われない場合があります。その場合は、
手動でタイムゾーンを設定してください。
補正されるタイミングは海外通信事業者によって異なり
ます。
「日付と時刻」→P150
お問い合わせについて
本端末やドコモnanoUIMカードを海外で紛失・盗難さ
れた場合は、現地からドコモへ速やかにご連絡いただき
利用中断の手続きをお取りください。お問い合わせ先に
ついては、本書巻末をご覧ください。My docomoから
も利用中断の手続きは可能です。なお、紛失・盗難され
た後に発生した通話・通信料もお客様のご負担となりま
すのでご注意ください。
一般電話などからご利用の場合は、滞在国に割り当てら
れている「国際電話アクセス番号」または「ユニバーサ
ルナンバー用国際識別番号」が必要です。
海外利用
169
◆ 滞在国外(日本含む)に電話をかける
国際ローミングサービスを利用して、滞在国から他の国へ
電話をかけることができます。
接続可能な国および通信事業者などの情報については、
ドコモのホームページをご覧ください。
1
ホーム画面で
2
[ダイヤル]「0」をロングタッチ)「国
番号-地域番号(市外局番)の先頭の0を除い
た電話番号」を入力
イタリアなど一部の国・地域では「0」が必要な場
合があります。
電話をかける相手が海外でのWORLD WING利用者
の場合は、滞在国内外に関わらず国番号として
「81」(日本)を入力してください。
3
◆ 滞在国内に電話をかける
日本国内での操作と同様の操作で、相手の一般電話や携帯
電話に電話をかけることができます。
1
ホーム画面で
2
[ダイヤル]電話番号を入力
地域番号(市外局番)から入力してください。
電話をかける相手がWORLD WING利用者の場合
は、滞在国内に電話をかける場合でも、日本への国
際電話として(国番号として「81」(日本)を入
力)電話をかけてください。
3
◆ 滞在先で電話を受ける
日本国内にいるときと同様の操作で電話を受けることがで
きます。
お知らせ
国際ローミング中に電話がかかってきた場合は、いずれ
の国からの電話であっても日本からの国際転送となりま
す。発信側には日本までの通話料がかかり、着信側には
着信料がかかります。
相手からの電話のかけかた
■ 日本国内から滞在先に電話をかけてもらう場合
日本国内にいるときと同様に電話番号をダイヤルして、電
話をかけてもらいます。
■ 日本以外の国から滞在先に電話をかけてもらう場
滞在先に関わらず日本経由で電話をかけるため、国際アク
セス番号および「81」をダイヤルしてもらう必要があり
ます。
発信国の国際アクセス番号-81-90(または80、70)-
XXXX-XXXX
滞在先で電話をかける/受ける
海外利用
170
国際ローミングサービスを利用するときの設定を行いま
す。
海外の通信事業者によっては設定できない場合がありま
す。
1
ホーム画面で →→[通話設定][海外設
定]
2
各項目を設定
ローミング時着信規制:国際ローミング中に着信を規
制することができます。
ローミング着信通知:渡航中に圏外などで着信できな
かった場合にSMSでお知らせします。
ローミングガイダンス:国際ローミング中に電話をか
けてきた相手に、国際ローミング中であることをお知
らせするガイダンスを流すことができます。
国際ダイヤルアシスト:設定方法→P170
ネットワークサービス:設定方法→P170
◆ 国際ダイヤルアシストの設定
1
ホーム画面で →→[通話設定][海外設
定][国際ダイヤルアシスト
2
項目を選択
自動変換機能:国際プレフィックスまたは国番号を自
動で追加します。
国番号:自動変換機能で使用される国番号を選択しま
す。
国際プレフィックス:自動変換機能で使用される国際
プレフィックスを選択します。
◆ ネットワークサービス(海外)の設定
海外で利用する留守番電話などのネットワークサービスを
設定します。
あらかじめ遠隔操作設定を開始にしておく必要がありま
す。→P67
海外から操作した場合は、滞在国から日本までの通話料
がかかります。
海外の通信事業者によっては設定できない場合がありま
す。
1
ホーム画面で →→通話設定][海外設
定][ネットワークサービス]
2
サービスを選択
遠隔操作(有料)[OK]をタップして、音声ガイダ
ンスに従って操作します。
番号通知お願いサービス(有料)[OK]をタップし
て、音声ガイダンスに従って操作します。
ローミング着信通知(有料)[OK]をタップして、
音声ガイダンスに従って操作します。
ローミングガイダンス(有料)[OK]をタップして、
音声ガイダンスに従って操作します。
留守番電話サービス(有料)項目を選択して[OK]
をタップし、音声ガイダンスに従って操作します。
転送でんわサービス(有料)項目を選択して[OK]
をタップし、音声ガイダンスに従って操作します。
国際ローミングの設定
海外利用
171
日本に帰国後は自動的にドコモのネットワークに接続され
ます。接続できなかった場合は、次の設定を行ってくださ
い。
[モバイルネットワーク]の[ネットワークモード]を
[4G/3G/GSM(自動)]に設定します。→P168
[モバイルネットワーク]の[通信事業者]を[自動的
に選択]に設定します。→P168
帰国後の確認
付録/索引
172
付録/索引
◆ 故障かな?と思ったら
故障かな?と思ったときに、お客様ご自身で診断するこ
とができます。
詳細については、ドコモのホームページをご確認くださ
い。
https://www.nttdocomo.co.jp/support/trouble/
repair/
ソフトウェアを更新する必要があるかをチェックして、
必要な場合にはソフトウェアを更新してください。→
P181
気になる症状のチェック項目を確認しても症状が改善さ
れないときは、本書巻末の「故障お問い合わせ・修理お
申し込み先」またはドコモ指定の故障取扱窓口までお気
軽にご相談ください。
■ 電源・充電
● 本端末の電源が入らない
電池切れになっていませんか
● 画面が動かない/電源が切れない
画面が動かなくなったり、電源が切れなくなったりし
た場合にP8秒以上押すと、強制的に電源を切るこ
とができます。
※ 強制的に電源を切る操作のため、データおよび設定した
内容などが消えてしまう場合がありますのでご注意くだ
さい。
● 充電ができない(お知らせLEDが点灯しない、または
点滅する)
アダプタの電源プラグがコンセントまたはアクセサ
リーソケットに正しく差し込まれていますか。
ACアダプタ(別売品)をご使用の場合、ACアダプ
タのmicroUSBプラグが本端末に正しく接続されて
いますか。→P32
本端末をパソコンにUSB接続して充電を行っている
場合、パソコンの電源が入っていますか。
充電しながら通話や通信、その他機能の操作を長時
間行うと、本端末の温度が上昇してお知らせLED
(赤色)が消える場合があります。温度が高い状態で
は安全のために充電を停止しているため、ご使用後
に本端末の温度が下がってから再度充電を行ってく
ださい。
■ 端末操作・画面
● タップしたり、キーを押したりしても動作しない
電源が切れていませんか。→P33
スリープモードになっていませんか。Pを押して解
除してください。→P48
[手袋タッチ]にチェックを付けているときに、手袋
をした指を垂直に立てて操作すると動作しにくい場
合があります。指を寝かせて指の腹をタッチパネル
に接触させて操作してください。→P143
トラブルシューティング(FAQ)
付録/索引
173
● 電池の使用時間が短い
複数のアプリを起動していると、電池の消費が増え
て使用時間が短くなることがあります。次の方法で
使用していないアプリを終了してください。
- 実行中のアプリを終了→P51
- (バック)でアプリを終了
電池の消費を抑える設定などarrowsについての
FAQや便利な使いかたについては、@Fケータイ応
援団またはarrows@(http://atfe.fmworld.net/
at/)をあわせてご覧ください。
圏外の状態で長時間放置されるようなことはありま
せんか。圏外時は通信可能な状態にできるよう電波
を探すため、より多くの電力を消費しています。
内蔵電池の使用時間は、使用環境や劣化度により異
なります。
内蔵電池は消耗品です。充電を繰り返すごとに、1
回で使える時間が次第に短くなっていきます。十分
に充電しても購入時に比べて使用時間が極端に短く
なった場合は、本書巻末の「故障お問い合わせ・修
理お申し込み先」またはドコモ指定の故障取扱窓口
までお問い合わせください。
● ドコモnanoUIMカードが認識されない
ドコモnanoUIMカードを正しい向きで取り付けてい
ますか。→P30
● タッチパネルをタップしたとき/キーを押したときの
画面の反応が遅い
本端末に大量のデータが保存されているときや、本端
末とmicroSDカードの間で容量の大きいデータをやり
とりしているときなどに起きる場合があります。
● 操作中・充電中に熱くなる
操作中や充電中、充電しながら電話やテレビの視聴な
どを長時間行った場合などには、本端末や内蔵電池、
アダプタが温かくなることがありますが、動作上問題
ありませんので、そのままご使用ください。
● 操作中・充電中に熱くなり、機能が利用できない
本端末の温度が高い状態が続く場合は、充電またはご
使用中の一部機能を利用できないことがあります。
● 端末が熱くなり、電源が切れる
複数のアプリの起動、カメラの使用やインターネット
接続などを長時間行った場合など、本端末の温度が高
い状態が続く場合は、充電や機能が停止したり、画面
の明るさを調整したりすることがあります。また、や
けどを防ぐため本端末の電源が切れることがあります。
● ディスプレイが暗い
次の設定を変更していませんか
- 非常用節電モード→P36
- 画面の明るさ→P118
- スリープ→P119
本端末の温度が高い状態が続く場合は、ディスプレ
イが暗くなることがあります。
● ディスプレイがちらつく
明るさのレベルの[明るさを自動調整]にチェックを
付けていると、ディスプレイの照明が周囲の明るさに
よって自動的に変更されたとき、ちらついて見える場
合があります。→P118
● ディスプレイに残像が残る
しばらく同じ画面を表示していると、何か操作して画
面が切り替わったとき、前の画面表示の残像が残る場
合があります。
付録/索引
174
● 時計がずれる
長い間電源を入れた状態にしていると時計がずれる場
合があります。日付と時刻の[日付と時刻の自動設定]
/[タイムゾーンを自動設定]にチェックが付いてい
ることを確認し、電波のよい所で電源を入れ直してく
ださい。→P150
● 端末動作が不安定
ご購入後に端末へインストールしたアプリにより不
安定になっている可能性があります。セーフモード
(ご購入時に近い状態で起動させる機能)で起動して
症状が改善される場合には、インストールしたアプ
リをアンインストールすることで症状が改善される
場合があります。
次のどちらかの方法でセーフモードを起動してくだ
さい。
- 電源が入っている状態で、携帯電話オプションメ
ニューが表示されるまでPを押し続ける→[再起
動]をロングタッチ→[OK
- 電源を切った状態でP2秒以上押し、docomo
ロゴ表示が消えたらすぐに音量キーの下を押し続け
セーフモードが起動すると画面左下に「セーフモー
ド」と表示されます。セーフモードを終了させるに
は、電源を入れ直してください
※ 事前に必要なデータをバックアップしてからセーフ
モードをご利用ください。
※ お客様ご自身で作成されたウィジェットが消える場合
があります。
※ セーフモードは通常の起動状態ではありません。通常
ご利用になる場合にはセーフモードを終了し、ご利用
ください。
● アプリが正しく起動しない(起動できない、エラーが
頻繁に起こるなど)
無効化されているアプリはありませんか。無効化さ
れているアプリを有効にしてから再度お試しくださ
い。
● タップしても正しく操作できない
爪の先で操作したり、異物を操作面に乗せたままで
操作したりしていませんか。
ディスプレイに保護シートやシールなどを貼ってい
ませんか。保護シートの種類によっては、正しく操
作できない場合があります。
タッチパネルが濡れたままで操作したり、指が汗や
水などで濡れた状態で操作したりしていませんか。
水中で操作していませんか。
指で直接タッチパネルに触れて操作してください。
● 本端末の動作が遅くなった/アプリの動作が不安定に
なった/一部のアプリを起動できない
本端末のメモリの空き容量が少なくなると動作が安定
しません。空き容量が少ない旨のメッセージが表示さ
れた場合は、不要なアプリを削除してください。→
P84、P147
● アプリが正しく動作しない(アプリが起動できない/
エラーが頻繁に起こる)
無効化されているアプリはありませんか。無効化され
ているアプリを有効にしてから、再度操作してくださ
い。→P147
● データが正常に表示されない/タッチパネルを正しく
操作できない
電源を入れ直してください。→P33
● タッチでONで画面が点灯しない
画面をタップする時間が短くないですか。→P119
付録/索引
175
■ 通話・音声
● をタップしても発信できない
機内モードを設定していませんか。→P129
● 通話中、相手の声が聞こえにくい/相手の声が大きす
ぎる
通話音量を調節してください。また、はっきりボイス
をONにすると相手の声が聞き取りやすくなります。
P64
● 通話ができない(場所を移動して の表示が消えな
い、電波の状態は悪くないのに発信または着信ができ
ない)
電源を入れ直すか、ドコモnanoUIMカードを取り付
け直してください。→P30、P33
電波の性質により「圏外ではない「電波状態は を
表示している」状態でも、発信や着信ができない場
合があります。場所を移動してかけ直してください。
着信拒否設定など着信制限を設定していませんか。
P68
ネットワークモードの種類(LTE/3GGSM)を
変更していませんか。→P168
電波の混み具合により、多くの人が集まる場所では
電話やメールが混み合い、つながりにくい場合があ
ります。場所を移動するか、時間をずらしてかけ直
してください。
● 着信音が鳴らない
音量の[着信音の音量]を0にしていませんか。→
P116
次の機能を起動していませんか
- マナーモード→P116
- 機内モード→P129
着信拒否設定など着信制限を設定していませんか。
P68
次の設定を0秒にしていませんか。
- 伝言メモ設定の[着信呼出設定]→P67
- 留守番電話サービスの[呼出時間設定]→P67
- 転送でんわサービスの[呼出時間]→P67
● 電話がつながらない
ドコモnanoUIMカードを正しい向きで取り付けてい
ますか。→P30
市外局番から入力していますか
機内モードを設定していませんか。→P129
■メ
● メールを自動で受信しない
非常用節電モードを設定していませんか。→P78
NX!メールのアカウント設定で受信間隔を[自動受
信を行わない]に設定していませんか。→P78
■ テレビ・カメラ
● テレビの視聴ができない
地上デジタルテレビ放送サービスのエリア外か放送
波の弱い所にいませんか。
TV/FMトランスミッタアンテナを十分に伸ばし、
向きを変えたり場所を移動したりすることで受信状
態がよくなることがあります。P90
視聴場所に合ったチャンネルリストを使用していま
すか。→P95
● カメラで撮影した静止画や動画がぼやける
カメラのレンズにくもりや汚れが付着していないか
を確認してください。
本端末のカメラにはオート撮影機能が搭載されてい
ますが、静止画撮影時はタッチオートフォーカスの
機能を利用してもピントを合わせることができます。
P99
付録/索引
176
■ おサイフケータイ
● おサイフケータイが使えない
おまかせロックを設定するとステータスバーに ま
たは が表示され、NFC/おサイフケータイ ロック
の設定に関わらずおサイフケータイの機能が利用で
きなくなります。
NFC/おサイフケータイ ロックを起動していません
か。→P87
本端末の マークがある位置を読み取り機にかざし
ていますか。→P86、P87
■ 海外利用
● 海外で、 が表示されているのに本端末が使えない
WORLD WINGのお申し込みをされていますか。
WORLD WINGのお申し込み状況をご確認ください。
● 海外で、 が表示され本端末が使えない
国際ローミングサービスのサービスエリア外か、電
波の弱い所にいませんか。利用可能なサービスエリ
アまたは海外通信事業者かどうか、ドコモのホーム
ページをご覧ください。
ネットワークモードの種類を[4G/3G/GSM(自
動)]に変更してください。→P168
通信事業者を[自動的に選択]に設定してください。
P168
本端末の電源を入れ直すことで回復することがあり
ます。→P33
● 海外で利用中に、突然本端末が使えなくなった
利用停止目安額を超えていませんか。国際ローミング
(WORLD WING)のご利用には、あらかじめ利用停
止目安額が設定されています。利用停止目安額を超え
てしまった場合、ご利用累積額を精算してください。
● 海外で電話がかかってこな
ローミング時着信規制を[規制開始]にしていません
か。→P170
● 相手の電話番号が通知されない/相手の電話番号とは
違う番号が通知される/電話帳の登録内容や発信者番
号通知を利用する機能が動作しない
相手が発信者番号を通知して電話をかけてきても、利
用しているネットワークや通信事業者から発信者番号
が通知されない場合は、本端末に発信者番号は表示さ
れません。また、利用しているネットワークや通信事
業者によっては、相手の電話番号とは違う番号が通知
される場合があります。
● 海外でデータ通信ができな
データローミングの設定を確認してください。→
P167
■ データ管理
● microSDカードに保存したデータが表示されない
microSDカードを取り付け直してください。→P153
● データ転送が行われない
USB HUBを使用していませんか。USB HUBを使用
すると、正常に動作しない場合があります。
● 画像を表示しようとすると[サムネイルなし]と表示
される/画像一覧でグレーの枠が表示される
画像データが壊れている場合に[サムネイルなし]や
グレーの枠が表示される場合があります。
付録/索引
177
■Bluetooth
● Bluetooth通信対応機器と接続ができない/サーチし
ても見つからない
Bluetooth通信対応機器(市販品)側を検出できる状
態にしてから、本端末側から機器登録を行う必要があ
ります。登録済みの機器を削除して、再度機器登録を
行う場合には本端末とBluetooth通信対応機器(市販
品)の両方で登録した機器を削除してから機器登録を
行ってください。
● カーナビやハンズフリー機器などの外部機器を接続し
た状態で本端末から発信できない
相手が電話に出ない、圏外などの状態で複数回発信す
ると、その番号へ発信できなくなる場合があります。
その場合は、本端末の電源を一度切ってから、再度電
源を入れ直してください。
■ 地図・GPS機
● オートGPSサービス情報が設定できない
電池残量が少なくなり、オートGPSが停止していま
せんか。オートGPSの低電力時動作設定により、
オートGPSが停止している場合は、オートGPS
サービス情報は設定できません。この場合、低電力
時動作設定を[停止しない]に設定するか、充電を
することで設定できるようになります。→P31、
P145
[オートGPS動作設定]にチェックを付けてくださ
い。→P145
GPS機能がOFFになっていませんか。GPS機能が
OFFの場合、オートGPSは停止します。→P108
■ その他
● USBマスストレージに保存したデータが表示されな
USBマスストレージを取り付け直してください。
● 市販の外部機器(USBウス、キーボードなど)が
認識されない
microUSB用変換アダプタ(市販品)を使用している
場合は、microUSB用変換アダプタと外部機器を接続
後、本体に接続してください。
◆ エラーメッセージ
● 空き容量低下
端末の空き容量が低下しています。このままご使用に
なられると一部機能やアプリケーションが動作しない
場合があります。
設定画面を起動して不要なアプリを選択し、「アンイ
ンストール」を押してアプリを削除してください。
端末の空き容量が低下している場合に表示されます。
[設定画面]をタップして不要なアプリを削除してくだ
さい。また、実行中のアプリを終了したり、アプリの
キャッシュを消去したりすることで、端末の空き容量
を増やすことができます。P51、P147
● 虹彩デバイスを起動できません
虹彩認証用カメラが正常に動作できない場合に表示さ
れます。電源を入れ直しても虹彩認証用カメラが利用
できなくなった場合は、お近くのドコモショップなど
窓口までお問い合わせください。
全音声サービスがブロックされています/音声サービス
がブロックされています/緊急サービスがブロックされ
ています/データサービスがブロックされています
音声回線/パケット通信設備が故障、または音声回線
ネットワーク/パケット通信ネットワークが非常に混
み合っています。しばらくたってから操作し直してく
ださい。
付録/索引
178
● PUKコードがロックされていま
ドコモnanoUIMカードのPINロック解除コード
(PUK)の入力に10回連続して間違えた場合に表示さ
れます。ドコモショップなど窓口にお問い合わせくだ
さい。→P132
● SIMカードが挿入されていません
ドコモnanoUIMカードが正しく取り付けられている
かを確認してください。→P30
● SIMカードはロックされています
PINコードを有効にしているときに電源を入れると表
示されます。正しいPINコードを入力してください。
P138
● SIMカードはPUKでロックされています
ドコモnanoUIMカードがPINロック解除コード
(PUK)でロックされているときに表示されます。正
しいPINロック解除コード(PUK)を入力してくださ
い。→P138
SIM card 異常
SIMカードが取り外されました。端末を再起動しま
す。
ドコモnanoUIMカードのICが汚れなどで正常に読み
込めないときや、電源が入っている状態でドコモ
nanoUIMカードを取り外したときに表示されることが
ありますが、故障ではありません。ドコモnanoUIM
カードのICは定期的に清掃してください。また、電源
が入っている状態ではドコモnanoUIMカードを取り
外さないでください。正常に動作しなくなる場合があ
ります。
お客様の端末上の画面をドコモと共有することで、端末操
作設定やアプリの使い方、パソコンなどの周辺機器との接
続に関する操作サポートを受けることができます。
ドコモnanoUIMカード未挿入時、国際ローミング中、
機内モードなどではご利用できません。
あんしん遠隔サポートはお申し込みが必要な有料サービ
スです。
一部サポート対象外の操作・設定があります。
あんしん遠隔サポートの詳細については、ドコモのホー
ムページをご確認ください。
1
あんしん遠隔サポートセンターへ電話
ドコモの携帯電話からの場合
(局番なしの)15710(無料)
一般電話などからの場合: 0120-783-360
受付時間 午前9:00∼午後8:00(年中無休)
本端末からあんしん遠隔サポートセンターへ電話す
る場合は、ホーム画面で →[遠隔サポート]→
[このスマートフォンから発信する]→ をタップ
します。
2
ホーム画面で [遠隔サポート]
3
[遠隔サポートの接続画面に進む][同意す
る]
4
ドコモからご案内する接続番号を入力
5
接続後、遠隔サポートを開始
あんしん遠隔サポート
付録/索引
179
保証について
本端末をお買い上げいただくと、保証書が付いています
ので、必ずお受け取りください。記載内容および「販売
店名・お買い上げ日」などの記載事項をお確かめの上、
大切に保管してください。必要事項が記載されていない
場合は、すぐにお買い上げいただいた販売店へお申し付
けください。無料保証期間は、お買い上げ日より1年間
です。
本端末の仕様および外観は、改良のため予告なく変更す
ることがありますので、あらかじめご了承ください。
本端末の故障・修理やその他お取り扱いによって電話帳
などに登録された内容が変化・消失する場合がありま
す。万が一に備え、電話帳などの内容はご自身で控えを
お取りくださるようお願いします。
※ 本端末は、電話帳などのデータをmicroSDカードに保
存していただくことができます。
※ 本端末はドコモクラウドをご利用いただくことにより、
電話帳などのデータをバックアップしていただくことが
できます。
アフターサービスについて
■ 調子が悪い場合
修理を依頼される前に、本書の「故障かな?と思ったら」
をご覧になってお調べください(→P172)。それでも調
子がよくないときは、本書巻末の「故障お問い合わせ・修
理お申し込み先」にご連絡の上、ご相談ください。
■ お問い合わせの結果、修理が必要な場合
ドコモ指定の故障取扱窓口にご持参いただきます。ただ
し、故障取扱窓口の営業時間内の受付となります。また、
ご来店時には必ず保証書をご持参ください。なお、故障の
状態によっては修理に日数がかかる場合がございますの
で、あらかじめご了承ください。
■ 保証期間内は
保証書の規定に基づき無料で修理を行います。
故障修理を実施の際は、必ず保証書をお持ちください。
保証期間内であっても保証書の提示がないもの、お客様
のお取り扱い不良(外部接続端子・ディスプレイなどの
破損)による故障・損傷、ドコモ指定の故障取扱窓口以
外で修理を行ったことがある場合などは有料修理となり
ます。
ドコモの指定以外の機器および消耗品の使用に起因する
故障は、保証期間内であっても有料修理となります。
■ 以下の場合は、修理できないことがあります。
お預かり検査の結果、水濡れ、結露・汗などによる腐食
が発見された場合や内部の基板が破損・変形していた場
合(外部接続端子・ディスプレイなどの破損や筐体亀裂
の場合においても修理ができない可能性があります)
保証とアフターサービス
付録/索引
180
ドコモ指定の故障取扱窓口以外で修理を行ったことがあ
る場合
※ 修理を実施できる場合でも保証対象外になりますので有
料修理となります。
■ 保証期間が過ぎたときは
ご要望により有料修理いたします。
■ 部品の保有期間は
本端末の補修用性能部品(機能を維持するために必要な部
品)の最低保有期間は、製造打切り後4年間を基本として
おります。
修理受付対応状況については、ドコモのホームページをご
覧ください。
https://www.nttdocomo.co.jp/support/trouble/
repair/shop/compatible/index.html
ただし、故障箇所によっては修理部品の不足などにより修
理ができない場合もございますので、詳細はドコモ指定の
故障取扱窓口へお問い合わせください。
■ お願い
本端末の改造はおやめください。
- 火災・けが・故障の原因となります。
- 改造が施された機器などの故障修理は、改造部分を元
の状態に戻すことをご了承いただいた上でお受けいた
します。ただし、改造の内容によっては故障修理をお
断りする場合があります。
以下のような場合は改造とみなされる場合があります。
- ディスプレイ部やキー部にシールなどを貼る
- 接着剤などにより本端末に装飾を施す
- 外装などをドコモ純正品以外のものに交換するなど
改造が原因による故障・損傷の場合は、保証期間内で
あっても有料修理となります。
各種機能の設定などの情報は、本端末の故障・修理やそ
の他お取り扱いによってクリア(リセット)される場合
があります。お手数をおかけしますが、その場合は再度
設定してくださるようお願いいたします。その際、設定
によってはパケット通信料が発生する場合があります。
修理を実施した場合には、故障箇所に関係なく、Wi-Fi
用のMACアドレスおよびBluetoothアドレスが変更さ
れる場合があります。
本端末の受話口/スピーカーに磁気を発生する部品を使
用しています。キャッシュカードなど磁気の影響を受け
やすいものを近づけますとカードが使えなくなることが
ありますので、ご注意ください。
本端末は防水性能を有しておりますが、本端末内部が濡
れたり湿気を帯びてしまった場合は、すぐに電源を切っ
て、お早めに故障取扱窓口へご来店ください。ただし、
本端末の状態によって修理できないことがあります。
お客様が作成されたデータおよびダウンロード情
報などについて
本端末を機種変更や故障修理をする際に、お客様が作
成されたデータまたは外部から取り込まれたデータあ
るいはダウンロードされたデータなどが変化・消失な
どする場合があります。これらについて当社は一切の
責任を負いません。その際、設定によってはパケット
通信料が発生する場合がありまデータの再ダウンロー
ドにより発生するパケット通信料は、ドコモでは補償
いたしかねますのであらかじめご了承ください。ま
た、当社の都合によりお客様の端末を代替品と交換す
ることにより修理に代えさせていただく場合がありま
すが、その際にはこれらのデータなどは一部を除き交
換後の製品に移し替えることはできません。
付録/索引
181
◆ ソフトウェアアップデートについて
ソフトウェアアップデートとは、ネットワークに接続して
アップデートが必要かを確認し、必要に応じて更新ファイ
ルをダウンロードし、インストールする機能です。
アップデートが必要な場合には、ステータスバーの (ソ
フトウェアアップデート)やドコモのホームページにてご
案内いたします。
ソフトウェアアップデートには、以下の内容などが含ま
れます。本端末を安全でより快適にご利用いただくた
め、必ず最新バージョンへのアップデートをお願いいた
します。
- 機能の向上や追加
- 操作性の向上
- 品質改善
- セキュリティパッチの最新化
お知らせ
アップデートは、本端末に保存されたデータを残したま
ま行うことができますが、お客様の端末の状態(故障・
破損・水濡れなど)によってはデータの保護ができない
場合があります。必要なデータは事前にバックアップを
取っていただくことをおすすめします。ただし、バック
アップが取れないデータがありますので、あらかじめご
了承ください。
注意事項
アップデートを行うと、以前のソフトウェアへ戻すこと
はできません。
アップデートの際、本端末固有の情報(機種や製造番号
など)が、自動的に当社のサーバーに送信されます。当
社は送信された情報を、ソフトウェアアップデート以外
の目的には利用いたしません。
XiFOMAでのパケット通信をご利用の場合、ダウン
ロードに通信料金は発生しません。
パケット通信を利用したアップデートにはドコモ契約の
ドコモnanoUIMカードが必要です。なお、アップデー
トの内容によってはパケット通信を利用した場合、sp
モードの契約が必要になる場合があります。
インストール中は、電話の発信、着信、各種通信機能、
およびその他の機能を利用できません。
インストール中は、すべてのキー操作が無効となり、途
中で中止することはできません。
アップデートが完了すると再起動がかかります。
アップデートを行うと、一部の設定が初期化されること
がありますので、再度設定を行ってください。
PINコードが設定されているときは、書き換え処理後の
再起動の途中で、PINコードを入力する画面が表示さ
れ、PINコードを入力する必要があります。
アップデートに失敗し、一切の操作ができなくなった場
合には、お手数ですがドコモ指定の故障取扱窓口までご
相談ください。
アップデート中に送信されてきたSMSは、SMSセン
ターに保管されます。
アップデートには時間がかかることがあります。
以下の場合はアップデートができません。
- 通話中
- 圏外が表示されているとき
- 親機としてテザリングをしているとき
ソフトウェアアップデート
付録/索引
182
- 日付・時刻を正しく設定していないとき
- 必要な電池残量がないとき
- 本体メモリに必要な空き容量がないとき
- 基本ソフトウェアを不正に変更しているとき
インストールを行う前に、すべてのアプリを終了してく
ださい。
本端末の電池残量がフル充電の状態で行ってください。
アップデート中は電源を切らないでください。
ダウンロード中は電波状態のよい所で、移動せずに実行
することをおすすめします。電波状態が悪い場合には、
アップデートを中断することがあります。
アップデートが不要な場合は、「アップデートの必要は
ありません。このままご利用ください。」と表示されま
す。
アップデート可能期間については、ドコモのホームペー
ジをご覧ください。
◆ ソフトウェアのアップデート
アップデートは、お客様自身でインストールを実行して
いただく必要がございます。通知パネルを開く→通知を
タップ→[インストール]をタップしてください。
■ 自動ダウンロード設定を変更する
1
ホーム画面で [設定][端末管理][端
末情報][ソフトウェアアップデート]
「自動ダウンロード」のボタンをタップして
ONOFFを設定
「自動ダウンロード」をOFFにした場合、「ステータ
スバーにアイコンが表示されない場合」(→P182)
の操作を行ってください。
■ ステータスバーにアイコンが表示されない場合
以下の操作でアップデートを実行できます。
1
ホーム画面で [設定][端末管理][端
末情報][ソフトウェアアップデート]
[アップデートを開始]
ダウンロードが開始されます。
2
インストールを開始するメッセージが表示
されたら[OK][インストール]
アップデートの内容によっては[アップデートを開
始]をタップ後、アップデートの実施について確認
画面が表示されます。
確認画面が表示されたら、次の手順に従ってくださ
い。
a実施方法を選択
今すぐ実施(Wi-Fiのみ)Wi-Fi接続により、即時
に更新ファイルをダウンロードします。
予約して実施(Wi-Fi/Xi)Wi-Fi接続またはXi
FOMAにより、自動的に予約された時刻に更新
ファイルをダウンロードします。
XiFOMAによるダウンロードができない場合、
[予約して実施(Wi-Fiのみ)]と表示されます。
spモードを設定されていない場合は、[予約して
実施(Wi-Fiのみ)]をタップしてもアップデート
を実行できません。Wi-Fi接続をご利用ください。
付録/索引
183
b目的の操作を選択
ダウンロードしてインストール:ダウンロード完了
後、自動でインストールが実行されます。[OK]
をタップしない場合でも、約10秒後にインストー
ルが実行されます。
ダウンロードのみ:更新ファイルのダウンロードが
完了しても、自動でインストールは実行されませ
ん。インストールする場合、お客様がインストール
を実行する必要があります。
お知らせ
本端末のソフトウェアが最新の場合には、「アップデート
の必要はありません。このままご利用ください。」と表示
されます。
ダウンロードの途中で中止すると、それまでダウンロー
ドしたデータは最長14日間保持されます。ダウンロード
を再開する場合は、通知パネルの (ダウンロードが中断
されました)から再開できます
[予約して実施(Wi-Fi/Xi)]を選択した場合、ダウン
ロードの時刻は自動的に設定されます。開始時刻の変更
はできません。自動で設定された時刻にダウンロードさ
れたくない場合は、[ソフトウェアアップデート]→[戻
る]をタップした後、今すぐ実施(Wi-Fiのみ)]を選択
して更新ファイルをダウンロードしてください。
◆ アプリのアップデート
アップデート後、アプリのアップデートがあるかどうか
をご確認ください。アプリのアップデートを行わないと
動作が不安定になることや、機能が正常に動作しなくな
ることがあります。必ず最新バージョンへのアップデー
トをお願いいたします。
■ 通知アイコンからアップデートする
アップデート完了後、再起動し、通知アイコン (アップ
デートが完了しました)が表示されます。通知パネルを開
く→[アップデートが完了しました]→[OK]をタップ
し、アップデート一覧でアプリのアップデートを行ってく
ださい。
■ Playストアからアップデートする
ホーム画面で[Play ストア]→画面の左端を右にフリッ
ク→[マイアプリ]より各アプリのアップデートを行って
ください。
お知らせ
各アプリのOSバージョン対応状況については、アプリの
提供元へご確認ください。
付録/索引
184
■本体
主な仕様
品名 F-01J
サイズ 高さ約●●●mm×幅約●●
●mm×厚さ約●●●mm
(最厚部:約●●●mm)
質量 約●●●g
内蔵メモリ ROM:●●●GB
RAM:●●●GB
連続待受時
※1、2
FOMA
3G
静止時(自動):約●●●時
GSM 静止時(自動):約●●●時
LTE 静止時(自動):約●●●時
連続通話時
※2、3
FOMA
3G
約●●●分
GSM 約●●●分
VoLTE
(音声通話)
約●●●分
ワンセグ連続視聴時間※4 約●●●分
フルセグ連続視聴時間※4 約●●●分
充電時間※5 ACアダプタ 05:約●●●分
DCアダプタ 04:約●●●分
ディスプレ
種類 TFT(IPS-NEO
サイズ 約●●●inch
発色数 ●●●色
解像度 横●●●ピクセル×縦●●●
ピクセル(●●●)
撮像素子 種類 アウトカメラ:裏面照射積層
型CMOS
インカメラ:裏面照射型
CMOS
サイズ アウトカメラ:●●●inch
インカメラ:●●●inch
カメラ有効画素数 アウトカメラ:約●●●万画
インカメラ:約●●●万画素
カメラ記録画素数
(最大時)
アウトカメラ:約●●●万画
インカメラ:約●●●万画素
デジタル
ズーム
静止画 アウトカメラ:最大約●●●
倍(●●●段階)
動画 アウトカメラ:最大約●●●
倍(●●●段階)
付録/索引
185
1 連続待受時間とは、電波を正常に受信できる状態での
時間の目安です。静止時の連続待受時間とは、電波を
正常に受信できる静止状態での平均的な利用時間で
す。
なお、内蔵電池の充電状態、機能設定状況、気温など
の使用環境、利用場所の電波状態(電波が届かない、
または弱い)などにより、待受時間が約半分程度にな
る場合があります。
2 通話やインターネット接続をしなくてもアプリを起動
すると通話(通信)・待受時間は短くなります。
3 連続通話時間とは、電波を正常に送受信できる状態で
の時間の目安です。
4 ワンセグ/フルセグ連続視聴時間とは、電波を正常に
受信できる状態で視聴できる時間の目安です。
5 充電時間とは、本端末の電源を切って、内蔵電池が空
の状態から充電し、約10分後に電源を入れて充電し
たときの目安です。高温、低温時に充電すると、充電
時間は長くなります。
6 連写モード時のみ設定できます。
7 ご利用中に本体の温度が上昇するとカメラを終了する
ことがあります。
※8
IEEE802.11nは、2.4GHz/5GHzに対応しています。
また、IEEE802.11n/acは、MIMOに対応しています。
静止画記録サイズ アウトカメラ:
23M最高画素 5520
×
4140
17M 5520
×
3104
8M 3840
×
2160
3M 2048
×
1536
画面ぴったり 1920
×
1080
ケータイメール 640
×
480
※6
インカメラ:
5M最高画素 1920
×
1080
3.7M 2592
×
1458
3M 2048
×
1536
画面ぴったり 1920
×
1080
ケータイメール 640
×
480
動画記録サイズ アウトカメラ:
4K 3840×2160※7
FullHD 1920×1080
ケータイメール 640
×
480
インカメラ:
FullHD 1920×1080
HD 1280×720
ケータイメール 640
×
480
無線LAN
IEEE802.11a/b/g/n/ac
※8
Bluetooth
機能
バージョン 4.2※9
出力 power class 1
対応プロファ
イル
※10
HFP、HSP、DUN、OPP、
SPP、HID、A2DP、
AVRCP、PBAP、PAN
※11
HDP、ANP、FMP、PASP、
PXP、TIP、HOGP
イヤホンマイクジャック
φ3.5mmイヤホンジャック、
4極
表示言語 日本語/英語
入力言語(文字入力) 日本語/英語/韓国語/中国
入力言語(音声入力) Google音声検索機能による
付録/索引
186
9 本端末およびすべてのBluetooth機能搭載機器は、
Bluetooth SIGが定めている方法でBluetooth標準
規格に適合していることを確認し、認証を取得してい
ます。ただし、接続する機器の特性や仕様によって
は、操作方法が異なる場合や接続してもデータのやり
とりができない場合があります。
10 Bluetooth機器の接続手順を製品の特性ごとに標
準化したものです。
11 PAN-NAP、PANUに対応しています。
■内蔵電池
本端末で撮影した静止画と動画のファイル
形式について
動画の録画時間(目安)
※ 1件あたりの最大録画時間は約●●●分です。
ワンセグの録画時間(目安)
本端末の空き容量や、録画する番組の内容(データ放送
の容量など)によって変化します。
※ 1件あたりの最大録画容量は約2GB(約600分)で
す。
フルセグの録画時間(目安)
本端末/microSDカードの空き容量や、録画する番組
の内容(データ放送の容量など)によって変化します。
※ 外部メモリ(128GB)の1件あたりの最大録画時間は
約●●●分(フルセグBMLデ−タ録画あり:約●●●
分)です。
使用電池 リチウムイオン電池
公称電圧 ●●●V
公称容量 ●●●mAh
種類 ファイル形式 拡張子
静止画 JPEG .jpg
動画 MP4 .mp4
撮影サイズ 本体 microSD
カード(1GB)
FullHD
1920×1080
約●●●分 約●●●秒
本体
約●●●分
本体 microSDカード(1GB)
約●●●分(フルセグ
BMLデ−タ録画あり:約
●●●分)
約●●●分(フルセグBML
デ−タ録画あり:約●●●
分)
付録/索引
187
本端末で使用できるファイルについて
本端末の「WPS Office」アプリは、次のファイルの新規
作成・閲覧・編集(保存)に対応しています。
1 .doc/.docx/.pdf/.txtいずれかの選択した形式で保
存できます。
2 .et/.xls/.xlsx/.csv/.pdfいずれかの選択した形式で
保存できます。
3 マクロプログラムの動作には非対応です。
4 保存時は.pptxに変換されます。
5 WriterSpreadsheetsの印刷画面から出力できま
す。
6 Writerの保存画面/Spreadsheetsの印刷画面から
出力できます。
種類/拡張子
新規作成 閲覧 編集
(保存)
文書ファイル
(Writer)
.wps ×○○
※1
.wpt ×○○
※1
.doc ○ ※1
.docx ○ ※1
.dot ×○○
※1
.docm
×○○
※1
.dotm
×○○
※1
.dotx
×○○
※1
表計算ファイル
(Spreadsheets)
.et ○ ○※2
.ett ×○○
※2
.xls ○ ○※2
.xlsx ○ ※2
.xlt ×○○
※2
.xlsm ×※3 ※2
.csv ○ ○ ○※2
プレゼンテーショ
ンファイル
(Presentation)
.dps ×○○
※4
.dpt ×○○
※4
.ppt ×○○
※4
.pptx ○ ※4
.pot ×○○
※4
.potx ×○○
※4
その他 .txt ○ ○※1
.ps ××※5
.xml ×○○
※1
.htm ×○○
※1
.html ×○○
※1
.pdf ×○○
※6
種類/拡張子
新規作成 閲覧 編集
(保存)
付録/索引
188
この機種F-01Jの携帯電話機は、国が定めた電波の人体
吸収に関する技術基準および電波防護の国際ガイドライン
に適合しています。
この携帯電話機は、国が定めた電波の人体吸収に関する技
術基準※1ならびに、これと同等な国際ガイドラインが推
奨する電波防護の許容値を遵守するよう設計されていま
す。この国際ガイドラインは世界保健機関(WHO)と協
力関係にある国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)が
定めたものであり、その許容値は使用者の年齢や健康状況
に関係なく十分な安全率を含んでいます。
国の技術基準および国際ガイドラインは電波防護の許容値を
人体に吸収される電波の平均エネルギー量を表す比吸収率
(SAR:Specific Absorption Rate)で定めており、携帯電
話機に対するSARの許容値は2.0W/kgです。
この携帯電話
部におけるSARの最大値は0.922W/kg※2、身体
装着した場合のSARの最大値は0.497W/kg※3です。個々
の製品によってSARに多少の差異が生じること
もありますが、いずれも許容値を満足しています。
携帯電話機は、携帯電話基地局との通信に必要な最低限の
送信電力になるよう設計されているため、実際に通話等を
行っている状態では、通常SARはより小さい値となりま
す。一般的には、基地局からの距離が近いほど、携帯電話
機の出力は小さくなります。
この携帯電話機は、頭部以外の位置でも使用可能です。
キャリングケース等のアクセサリをご使用するなどして、
身体から1.5センチ以上離し、かつその間に金属(部分)
が含まれないようにしてください。このことにより、本携
帯電話機が国の技術基準および電波防護の国際ガイドライ
ンに適合していることを確認しています。
世界保健機関は、『携帯電話が潜在的な健康リスクをもた
らすかどうかを評価するために、これまで20年以上にわ
たって多数の研究が行われてきました。今日まで、携帯電
話使用によって生じるとされる、いかなる健康影響も確立
されていません。』と表明しています。
さらに詳しい情報をお知りになりたい場合には世界保健機
関のホームページをご参照ください。
http://www.who.int/docstore/peh-emf/
publications/facts_press/fact_japanese.htm
SARについて、さらに詳しい情報をお知りになりたい方
は、次のホームページをご参照ください。
総務省のホームページ
http://www.tele.soumu.go.jp/j/sys/ele/index.htm
一般社団法人電波産業会のホームページ
http://www.arib-emf.org/01denpa/denpa02-02.html
ドコモのホームページ
https://www.nttdocomo.co.jp/product/sar/
富士通のホームページ
http://www.fmworld.net/product/phone/sar/
1 技術基準については、電波法関連省令(無線設備規
則第14条の2)で規定されています。
2 LTE/FOMAと同時に使用可能な無線機能を含みま
す。
3 LTE/FOMAと同時に使用可能な無線機能を含みま
す。
携帯電話機の比吸収率(SAR)
付録/索引
189
This model F-01J mobile phone complies with
Japanese technical regulations and international
guidelines regarding exposure to radio waves.
This mobile phone was designed in observance of
Japanese technical regulations regarding exposure
to radio waves*1 and limits to exposure to radio
waves recommended by a set of equivalent
international guidelines. This set of international
guidelines was set out by the International
Commission on Non-Ionizing Radiation Protection
(ICNIRP), which is in collaboration with the World
Health Organization (WHO), and the permissible
limits include a substantial safety margin designed
to assure the safety of all persons, regardless of
age and health condition.
The technical regulations and international
guidelines set out limits for radio waves as the
Specific Absorption Rate, or SAR, which is the
value of absorbed energy in any 10 grams of tissue
over a 6-minute period. The SAR limit for mobile
phones is 2.0 W/kg. The highest SAR value for
this mobile phone when tested for use near the
head is 0.922 W/kg*2 and when worn on the body
is 0.497 W/kg*3. There may be slight differences
between the SAR levels for each product, but they
all satisfy the limit.
The actual SAR of this mobile phone while
operating can be well below that indicated above.
This is due to automatic changes to the power level
of the device to ensure it only uses the minimum
required to reach the network. Therefore in general,
the closer you are to a base station, the lower the
power output of the device.
This mobile phone can be used in positions other
than against your head. Please keep the mobile
phone farther than 1.5 cm away from your body by
using such as a carrying case or a wearable
accessory without including any metals. This
mobile phone satisfies the technical regulations
and international guidelines.
The World Health Organization has stated that "a
large number of studies have been performed over
the last two decades to assess whether mobile
phones pose a potential health risk. To date, no
adverse health effects have been established as
being caused by mobile phone use."
Please refer to the WHO website if you would like
more detailed information.
http://www.who.int/docstore/peh-emf/
publications/facts_press/fact_english.htm
Please refer to the websites listed below if you
would like more detailed information regarding SAR.
Ministry of Internal Affairs and Communications Website:
http://www.tele.soumu.go.jp/e/sys/ele/index.htm
Association of Radio Industries and Businesses Website:
http://www.arib-emf.org/01denpa/denpa02-
02.html (in Japanese only)
NTT DOCOMO, INC. Website:
https://www.nttdocomo.co.jp/english/product/sar/
Specific Absorption Rate
(SAR) of Mobile Phones
付録/索引
190
FUJITSU LIMITED Website:
http://www.fmworld.net/product/phone/sar/ (in
Japanese only)
*1 Technical regulations are defined by the
Ministerial Ordinance Related to Radio Law
(Article 14-2 of Radio Equipment Regulations).
*2 Including other radio systems that can be
simultaneously used with LTE/FOMA.
*3 Including other radio systems that can be
simultaneously used with LTE/FOMA.
Declaration of Conformity
The product "F-01J" is declared to conform with
the essential requirements of European Union
Directive 1999/5/EC Radio and
Telecommunications Terminal Equipment
Directive 3.1(a), 3.1(b) and 3.2. The
Declaration of Conformity can be found on
http://www.fmworld.net/product/phone/doc/.
This mobile phone complies with the EU
requirements for exposure to radio waves. Your
mobile phone is a radio transceiver, designed and
manufactured not to exceed the SAR*1 limits*2 for
exposure to radio-frequency (RF) energy, which
SAR*1 value, when tested for compliance against
the standard was 0.418 W/kg*3 for HEAD and
1.802 W/kg*3 for BODY. While there may be
differences between the SAR*1 levels of various
phones and at various positions, they all meet*4
the EU requirements for RF exposure.
*1 The exposure standard for mobile phones
employs a unit of measurement known as the
Specific Absorption Rate, or SAR.
*2 The SAR limit for mobile phones used by the
public is 2.0 watts/kilogram (W/kg) averaged
over ten grams of tissue, recommended by The
Council of the European Union. The limit
incorporates a substantial margin of safety to
give additional protection for the public and to
account for any variations in measurements.
*3 Including other radio systems that can be
simultaneously used with cellular radio wave.
*4 Tests for SAR have been conducted using
standard operation positions with the phone
transmitting at its highest certified power level
in all tested frequency bands. Although the
SAR is determined at the highest certified
power level, the actual SAR level of the phone
while operating can be well below the maximum
value. This is because the phone is designed to
operate at multiple power levels so as to use
only the power required to reach the network. In
general, the closer you are to a base station
antenna, the lower the power output.
Federal Communications
Commission (FCC) Notice
This device complies with part 15 of the FCC
rules.
Operation is subject to the following two
conditions :
athis device may not cause harmful
interference, and
付録/索引
191
bthis device must accept any interference
received, including interference that may
cause undesired operation.
Changes or modifications made in or to the radio
phone, not expressly approved by the
manufacturer, will void the user's authority to
operate the equipment.
The device complies with 15.205 of the FCC
Rules.
FCC RF Exposure Information
This model phone meets the U.S. Government's
requirements for exposure to radio waves. This
model phone contains a radio transmitter and
receiver. This model phone is designed and
manufactured not to exceed the emission limits for
exposure to radio frequency (RF) energy as set by
the FCC of the U.S. Government. These limits are
part of comprehensive guidelines and establish
permitted levels of RF energy for the general
population. The guidelines are based on standards
that were developed by independent scientific
organizations through periodic and thorough
evaluation of scientific studies.
The exposure standard for wireless mobile phones
employs a unit of measurement known as the
Specific Absorption Rate (SAR). The SAR limit set
by the FCC is 1.6 W/kg. Tests for SAR are
conducted using standard operating positions as
accepted by the FCC with the phone transmitting
at its highest certified power level in all tested
frequency bands. Although the SAR is determined
at the highest certified power level, the actual SAR
level of the phone while operating can be well below
the maximum value. This is because the phone is
designed to operate at multiple power levels so as
to use only the power required to reach the network.
In general, the closer you are to a wireless base
station antenna, the lower the power output level of
the phone.
Before a phone model is available for sale to the
public, it must be tested and certified to prove to
the FCC that it does not exceed the limit
established by the U.S. government-adopted
requirement for safe exposure. The tests are
performed on position and locations (for example,
at the ear and worn on the body) as required by FCC
for each model. The highest SAR value for this
model phone as reported to the FCC, when tested
for use at the ear, is 1.177 W/kg*, and when worn on
the body, is 0.917 W/kg*. (Body-worn measurements
differ among phone models, depending upon
available accessories and FCC requirements). While
there may be differences between the SAR levels
of various phones and at various positions, they all
meet the U.S. government requirements. The FCC
has granted an Equipment Authorization for this
model phone with all reported SAR levels evaluated
as in compliance with the FCC RF exposure
guidelines. SAR information on this model phone is
on file with the FCC and can be found under the
Equipment Authorization Search section at http://
www.fcc.gov/oet/ea/fccid/ (please
search on FCC ID VQK-F01J).
For body worn operation, this phone has been
tested and meets the FCC RF exposure guidelines.
付録/索引
192
Please use an accessory designated for this
product or an accessory which contains no metal
and which positions the handset a minimum of 1.5
cm from the body.
In the United States, the SAR limit for wireless
mobile phones used by the general public is 1.6
Watts/kg (W/kg), averaged over one gram of
tissue. SAR values may vary depending upon
national reporting requirements and the network
band.
* Including other radio systems that can be
simultaneously used with cellular radio wave.
This equipment has been tested and found to
comply with the limits for a Class B digital device,
pursuant to part 15 of the FCC Rules.
These limits are designed to provide reasonable
protection against harmful interference in a
residential installation. This equipment generates,
uses and can radiate radio frequency energy and, if
not installed and used in accordance with the
instructions, may cause harmful interference to
radio communications. However, there is no
guarantee that interference will not occur in a
particular installation.
If this equipment does cause harmful interference
to radio or television reception, which can be
determined by turning the equipment off and on,
the user is encouraged to try to correct the
interference by one or more of the following
measures:
- Reorient or relocate the receiving antenna.
- Increase the separation between the equipment
and receiver.
- Connect the equipment into an outlet on a
circuit different from that to which the receiver
is connected.
- Consult the dealer or an experienced radio/TV
technician for help.
Important Safety Information
AIRCRAFT
Switch off your wireless device when boarding an
aircraft or whenever you are instructed to do so by
airline staff. If your device offers flight mode or
similar feature consult airline staff as to whether it
can be used on board.
DRIVING
Full attention should be given to driving at all times
and local laws and regulations restricting the use
of wireless devices while driving must be observed.
HOSPITALS
Mobile phones should be switched off wherever you
are requested to do so in hospitals, clinics or health
care facilities. These requests are designed to
prevent possible interference with sensitive
medical equipment.
PETROL STATIONS
Obey all posted signs with respect to the use of
wireless devices or other radio equipment in
locations with flammable material and chemicals.
Switch off your wireless device whenever you are
instructed to do so by authorized staff.
INTERFERENCE
Care must be taken when using the phone in close
proximity to personal medical devices, such as
pacemakers and hearing aids.
付録/索引
193
Pacemakers
Pacemaker manufacturers recommend that a
minimum separation of 15 cm be maintained
between a mobile phone and a pace maker to avoid
potential interference with the pacemaker. To
achieve this use the phone on the opposite ear to
your pacemaker and does not carry it in a breast
pocket.
Hearing Aids
Some digital wireless phones may interfere with
some hearing aids. In the event of such
interference, you may want to consult your hearing
aid manufacturer to discuss alternatives.
For other Medical Devices :
Please consult your physician and the device
manufacturer to determine if operation of your
phone may interfere with the operation of your
medical device.
Warning
This device have been tested to comply with the
Sound Pressure Level requirement laid down in the
applicable EN 50332-1 and/or EN 50332-2
standards. Permanent hearing loss may occur if
earphones or headphones are used at high volume
for prolonged periods of time.
<Prevention of Hearing Loss>
Warning statement requirement under EN 60950-
1:A12.
Warning: To prevent possible hearing damage, do
not listen to high volume levels for long periods.
本製品および付属品は、日本輸出管理規制(「外国為替及
び外国貿易法」およびその関連法令)の適用を受ける場合
があります。また米国再輸出規制(Export
Administration Regulations)の適用を受ける場合があ
ります。本製品および付属品を輸出および再輸出する場合
は、お客様の責任および費用負担において必要となる手続
きをお取りください。詳しい手続きについては経済産業省
または米国商務省へお問い合わせください。
輸出管理規制
付録/索引
194
◆ 著作権・肖像権
お客様が本製品を利用して撮影またはインターネット上の
ホームページからのダウンロードなどにより取得した文
章、画像、音楽、ソフトウェアなど第三者が著作権を有す
るコンテンツは、私的使用目的の複製や引用など著作権法
上認められた場合を除き、著作権者に無断で複製、改変、
公衆送信などはできません。
実演や興行、展示物などには、私的使用目的であっても撮
影または録音を制限している場合がありますのでご注意く
ださい。
また、お客様が本製品を利用して本人の同意なしに他人の
肖像を撮影したり、撮影した他人の肖像を本人の同意なし
にインターネット上のホームページに掲載するなどして不
特定多数に公開することは、肖像権を侵害する恐れがあり
ますのでお控えください。
◆商
「FOMA」「iモード」「iアプリ」「iモーション」「ト
ルカ」「おまかせロック」「mopera U」「ビジネス
mopera」「WORLD CALL」「WORLD WING」「おサ
イフケータイ」「かざしてリンク」「iD」「公共モード」
「エリアメール」「マチキャラ」「spモード」「Xi」「Xi/
クロッシィ」「dメニュー」「dマーケット」「dミュー
ジック」「dTV」「iコンシェル」「しゃべってコンシェ
ル」「eトリセツ」「イマドコサーチ」「イマドコかんたん
サーチ」「あんしんスキャン」「あんしん遠隔サポート」
「フォトコレクション」「はなして翻訳」「マイマガジン」
「LIVE UX」および「トルカ」ロゴ「おサイフケータイ」
ロゴ「iD」ロゴ「エリアメール」ロゴ「dmenu」ロゴ
「dマーケット」ロゴ「iコンシェル」ロゴ「しゃべって
コンシェル」ロゴ「eトリセツ」ロゴ「あんしん遠隔サ
ポート」ロゴ「フォトコレクション」ロゴ「はなして翻
訳」ロゴ「ドコモメール」ロゴ「ICタグ・バーコード
リーダー」ロゴ「ドコモバックアップ」ロゴ「電話帳」
ロゴ「データ保管BOX」ロゴ「スケジュール」ロゴ
「メモ」ロゴ「マイマガジン」ロゴは(株)NTTドコモ
の商標または登録商標です。
「キャッチホン」は日本電信電話株式会社の登録商標で
す。
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、Gガイド
モバイル、G-GUIDE MOBILE、およびGガイ
ド関連ロゴは、米国Rovi Corporationおよび/または
その関連会社の日本国内における商標または登録商標で
す。
「ATOK」は株式会社ジャストシステムの登
録商標です。「ATOK」は、株式会社ジャス
トシステムの著作物であり、その他権利は株
式会社ジャストシステムおよび各権利者に帰
属します。
はフェリカネットワークス株式会社の登録商標です。
FeliCaは、ソニー株式会社の登録商標です。
QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
Copyright© 2016 DigiOn, Inc. All rights
reserved.
デジオン、DigiOn、DiXiMは、株式会社デジオンの登
録商標です。
TwitterおよびTwitterロゴはTwitter, Inc.の商標また
は登録商標です。
LINEおよびLINEロゴは、LINE株式会社の商標です。
FacebookおよびFacebookロゴは、Facebook,INC.
の商標または登録商標です。
知的財産権
付録/索引
195
microSDロゴ、microSDHC
ゴ、microSDXCロゴはSD-3C,
LLCの商標です。
Google、Android、Google Play およびその他のマー
クはGoogle Inc.の商標です。
Bluetooth® smart readyとそのロゴマークは、
Bluetooth SIG, INCの登録商標で、株式会社NTTドコ
モはライセンスを受けて使用しています。その他の商標
および名称はそれぞれの所有者に帰属します。
aptXCSR社の登録商標です。
Dolby、Dolby Audio、ドルビーおよびダブルD記号
は、ドルビーラボラトリーズの商標です。ドルビーラボ
ラトリーズからの実施権に基づき製造されています。
「UD新丸ゴ」は、株式会社モリサワより提供を受けてお
り、フォントデータの著作権は同社に帰属します。
Wi-Fi、Wi-Fiロゴ、Wi-Fi Alliance、
WMM、Wi-Fi CERTIFIED、Wi-Fi
CERTIFIEDロゴ、WPA、WPA2、Wi-
FiProtected Setup、Wi-Fi Direct、Miracast、
PasspointWi-Fi Allianceの商標または登録商標で
す。
DLNA®、DLNAロゴおよびDLNA CERTIFIEDは、
Digital Living Network Allianceの商標です。
DLNA®, the DLNA Logo and DLNA CERTIFIED
are trademarks, service marks, or certification
marks of the Digital Living Network Alliance.
本機のDLNA認証は富士通株式会社が取得しました。
iWnn© OMRON SOFTWARE Co., Ltd. 2008-2015
All Rights Reserved.
DynastreamおよびANTは、Garmin社及び関
連会社の米国およびその他の国における登録商
標です。
ANT+、ANT+ロゴおよびANT+ CAPABLEロゴは、
Garmin社及び関連会社の米国およびその他の国におけ
る登録商標です。
「IPS-NEO」は、株式会社ジャパンディスプレイの商標
です。
Microsoft, Windows, Microsoft Excel, Microsoft
PowerPoint, OneNote, OneDriveは、米国Microsoft
Corporationの米国およびその他の国における商標また
は登録商標です。
Microsoft Wordは、米国Microsoft Corporationの商
品名称です。
その他、本書に記載されている会社名や商品名は、各社
の商標または登録商標です。
その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属しま
す。
◆ その他
本製品の一部分に、Independent JPEG Groupが開発
したモジュールが含まれています。
FeliCaは、ソニー株式会社が開発した非接触ICカード
の技術方式です。
本製品は、MPEG-4 Visual Patent Portfolio
Licenseに基づきライセンスされており、お客様が個人
的かつ非営利目的において以下に記載する場合において
のみ使用することが認められています。
- MPEG-4 Visualの規格に準拠する動画やモーショ
ン(以下、MPEG-4 Video)を記録する場合
- 個人的かつ営利活動に従事していない消費者によって
記録されたMPEG-4 Videoを再生する場合
付録/索引
196
- MPEG-LAよりライセンスを受けた提供者により提供
されたMPEG-4 Videoを再生する場合
プロモーション、社内用、営利目的などその他の用途
に使用する場合には、米国法人MPEG LA, LLCにお問
い合わせください。
本製品は、AVCポートフォリオライセンスに基づき、
お客様が個人的に、且つ非商業的な使用のために(i)
AVC規格準拠のビデオ(以下「AVCビデオ」と記載し
ます)を符号化するライセンス、および/または(ii)
AVCビデオ(個人的で、且つ商業的活動に従事してい
ないお客様により符号化されたAVCビデオ、および/
またはAVCビデオを提供することについてライセンス
許諾されているビデオプロバイダーから入手したAVC
ビデオに限ります)を復号するライセンスが許諾されて
おります。その他の使用については、黙示的にも一切の
ライセンス許諾がされておりません。さらに詳しい情報
については、MPEG LA, L.L.C.から入手できる可能性が
あります。
http://www.mpegla.com をご参照ください。
本製品は、VC-1 Patent Portfolio Licenseに基づき、
お客様が個人的に、且つ非商業的な使用のために(i)
VC-1規格準拠のビデオ(以下「VC-1ビデオ」と記載
します)を符号化するライセンス、および/または(ii)
VC-1ビデオ(個人的で、且つ商業的活動に従事してい
ないお客様により符号化されたVC-1ビデオ、および/
またはVC-1ビデオを提供することについてライセンス
許諾されているビデオプロバイダーから入手したVC-1
ビデオに限ります)を復号するライセンスが許諾されて
おります。その他の使用については、黙示的にも一切の
ライセンス許諾がされておりません。さらに詳しい情報
については、MPEG LA, L.L.C.から入手できる可能性が
あります。
http://www.mpegla.com をご参照ください。
◆ オープンソースソフトウェア
本製品には、Apache License V2.0に基づきライセン
スされるソフトウェアに当社が必要な改変を施して使用
しております。
本製品には、GNU General Public License(GPL)
GNU Lesser General Public License(LGPL)、そ
の他のライセンスに基づくオープンソースソフトウェア
が含まれています。
当該ソフトウェアのライセンスに関する詳細は、ホーム
画面で →[設定]→[端末管理]→[端末情報]→
[法的情報]→[オープンソースライセンス]をご参照
ください。
オープンソースライセンスに基づき当社が公開するソフ
トウェアのソースコードは、下記サイトで公開していま
す。詳細は下記サイトをご参照ください。
http://spf.fmworld.net/fujitsu/c/develop/sp/
android/
付録/索引
197
本端末はSIMロック解除に対応しています。SIMロックを
解除すると他社のSIMカードを使用することができます。
ご利用になれるサービス、機能などが制限される場合が
あります。当社では、一切の動作保証はいたしませんの
で、あらかじめご了承ください。
SIMロック解除の手続きの詳細については、ドコモの
ホームページをご確認ください。
1
他社SIMカードを取り付ける
2
本端末の電源を入れる
3
SIMロック解除コードを入力
4
[ロック解除]
お知らせ
SIMロックの解除状態については、ホーム画面で →
[設定]→[端末管理]→[端末情報]→[端末の状態]
をタップすると、[SIMロック状態]でご確認いただけま
す。
SIMロック解除
付録/索引
198
索引
a
アイコン ..................................................................45
いつでもズームアイコン......................................45
ステータスアイコン.............................................46
ステータスバー ....................................................46
スライドディスプレイアイコ...........................45
通知アイコン........................................................46
ナビゲーションバー.............................................45
バックアイコン ....................................................45
ホームアイコン ....................................................45
履歴アイコン........................................................45
アウトカメラ ...........................................................29
アカウント............................................................149
削除...................................................................150
手動で同期 ........................................................150
設定...................................................................149
追加...................................................................149
同期の中止 ........................................................150
アクセスポイント.................................................126
確認...................................................................126
初期化 ...............................................................127
追加...................................................................126
アフターサービス.................................................179
アプリ一覧画面 .......................................................54
アプリケーション情報 .........................................58
アプリ無効化........................................................58
アンインストール ................................................58
管理......................................................................58
並べ替え .............................................................. 58
アプリケーション ................................................ 147
アンインストール............................................. 147
キャッシュを消去............................................. 147
削除 .................................................................. 147
データを消去 .................................................... 147
無効化............................................................... 147
アプリの権限 .......................................................... 36
暗証番号の変更.................................................... 130
あんしん遠隔サポート ......................................... 178
位置情報・GPS................................................... 106
設定 .................................................................. 108
イヤホンランチャー............................................. 141
インカメラ .............................................................. 28
印刷...................................................................... 160
インターネット通話................................................ 68
英語ガイダンス....................................................... 67
英語表示............................................................... 140
エラーメッセージ ................................................ 177
エリアメール .......................................................... 79
削除 ..................................................................... 80
受信 ..................................................................... 79
受信画面および着信音確認 ................................. 80
受信設定 .............................................................. 80
設定 ..................................................................... 80
着信音.................................................................. 80
表示 ..................................................................... 80
遠隔操作設定 ............................................... 67, 170
応答拒否SMS................................................. 63, 68
オープンソースソフトウェア .............................. 196
おサイフケータイ ................................................... 85
ご利用にあたって................................................ 85
ロック設定........................................................... 87
おサイフケータイ対応サービ.............................. 85
索引
付録/索引
199
お知らせLED ................................................. 28, 44
おすすめアプリ .......................................................58
音・バイブ・LED ................................................115
音声検索 ...............................................................111
設定...................................................................141
音声入力 ..................................................................38
音量 ......................................................................116
音量キー ..................................................................29
k
海外設定 ...............................................................170
ネットワークサービス(海外..........................170
海外利用 ...............................................................166
確認事項............................................................166
帰国後の確認.....................................................171
設定...................................................................167
滞在先で電話を受ける ......................................169
滞在先で電話をかける ......................................169
通信サービス.....................................................166
外部機器接続 ........................................................160
クラウドプリントでプリンタを接続.................160
パソコンとの接続 .............................................160
DLNA対応機器との接続 ..................................162
Wi-Fi対応プリンタとの接続 .............................161
Wi-Fi Miracast対応機器に表示.......................165
外部ストレージ ....................................................152
外部接続端子 ...........................................................29
かざしてリンク対応サービ......................... 85, 86
仮想プライベートネットワーク ...........................127
壁紙・画面............................................................118
カメラ......................................................................95
インカメラ/アウトカメラの切り替え ................97
撮影時の注意事項 ................................................95
静止画撮影 ...........................................................97
静止画のオート撮影機能 ..................................... 99
静止画の撮影設定................................................ 99
動画撮影 ........................................................... 100
動画のオート撮影機能...................................... 101
動画の撮影設定 ................................................ 101
パノラマ撮影 ....................................................... 98
連写撮影 .............................................................. 98
画面消灯時間 ....................................................... 119
画面消灯時のWi-Fi動作 ....................................... 125
画面の明るさ ....................................................... 118
画面のカスタマイズ................................................ 50
画面の自動回転.................................................... 118
画面ロック
解除 ..................................................................... 48
解除方法の設定 ................................................ 133
かける....................................................... 48, 133
画面ロックの音.................................................... 116
かんたんお引越し ................................................... 43
キーボード .............................................................. 37
外付けキーボード................................................ 42
手書き入力........................................................... 37
テンキーキーボード ............................................ 37
QWERTYキーボード ......................................... 37
機内モード ........................................................... 129
キャッチホン .......................................................... 67
キャプメモ .............................................................. 49
緊急速報「エリアメール」....................................... 79
近接センサー .......................................................... 28
言語・文字・入力 ................................................ 140
検索...................................................................... 111
音声検索 ........................................................... 111
Google検索 ..................................................... 111
公共モード(電源OFF)設定 ................................. 67
虹彩認証............................................................... 134
付録/索引
200
登録...................................................................135
認証操作............................................................135
留意事項............................................................135
虹彩認証用カメラ....................................................28
虹彩認証用LED.......................................................29
国際ダイヤルアシスト..........................................170
国際電話(WORLD CALL)...................................63
国際ローミング(WORLD WING).....................166
設定...................................................................170
ネットワークサービス ......................................170
s
最近使ったアプリを表示しない ...........................137
材質 .........................................................................14
時刻 ......................................................................150
自動ロック............................................................130
自分からだ設定 ....................................................145
充電 .........................................................................31
充電用アダプタ ....................................................32
注意事項...............................................................31
パソコン...............................................................33
ACアダプタ .........................................................32
充電開始音............................................................115
受話口......................................................................28
仕様 ......................................................................184
商標 ......................................................................194
証明書のインストール..........................................137
初期化...................................................................149
初期設定 ..................................................................43
信頼できる認証情報 .............................................137
スグ電......................................................................68
スクリーンショット ................................................35
スクリーンセーバー .............................................119
スケジュール ........................................................109
登録 .................................................................. 109
表示 .................................................................. 109
ステータスアイコン................................................ 46
ステータスバー....................................................... 46
ステレオイヤホン端子 ............................................ 29
ストラップホール ................................................... 29
ストレージとUSB............................................... 148
内部ストレージ ................................................ 148
SDカード......................................................... 148
ストレージのタイプ............................................. 137
スピーカー .............................................................. 28
スペルチェック.................................................... 140
スライド.................................................................. 34
スライドイン機能 ........................................ 49, 143
スライドインランチャー ........................................ 49
スライドスポット ................................................... 49
スライドディスプレイ ............................................ 45
スライドでカメラ起動 ......................................... 130
スリープ............................................................... 119
スリープモード....................................................... 48
スロットキャップ
................................................................................ 29
スワイプ.................................................................. 34
静止画撮影画面....................................................... 96
静止画のオート撮影機能 ........................................ 99
オートフォーカス................................................ 99
シーン別撮影 ....................................................... 99
自動露出調整 ....................................................... 99
タッチオートフォーカス ..................................... 99
ちらつき調整 ....................................................... 99
ホワイトバランス................................................ 99
静止画の撮影設定 ................................................... 99
位置情報 ........................................................... 100
グリッド表示 .................................................... 100
付録/索引
201
撮影サイズ ...........................................................99
撮影モード ...........................................................99
セルフタイマー .................................................100
タッチ シャッター ............................................100
フラッシュ ...........................................................99
保存先 ...............................................................100
露出/WB調整 .................................................100
HDR撮影 ..........................................................100
静止画表示............................................................103
静止画補正............................................................118
セキュリティ解除方法..........................................133
暗証番号............................................................133
虹彩認証............................................................133
タッチ/スワイプ .............................................133
パスワード ........................................................133
パターン............................................................133
設定メニュー ........................................................115
送話口......................................................................29
ソフトウェアアップデート ..................................181
t
ダイヤルパッド操作音..........................................116
タスク管理...............................................................51
タッチ操作音 ........................................................116
タッチ操作バイブ.................................................116
タッチパネル ...........................................................29
注意事項...............................................................34
使いかた...............................................................34
タップ......................................................................34
タップ&ペイ ...........................................................87
ダブルタップ ...........................................................34
端末管理 ...............................................................146
端末管理アプリ ....................................................130
端末情報 ...............................................................151
端末の状態........................................................ 151
認証 .................................................................. 151
法的情報 ........................................................... 151
知的財産権 ........................................................... 194
着信音 .................................................................. 115
着信拒否.................................................................. 63
着信通知.................................................................. 67
着信バイブレーション ......................................... 115
通信事業者 ........................................................... 168
通知アイコン .......................................................... 46
通知音 .................................................................. 115
通知パネル .............................................................. 47
パネルスイッチ ................................................... 47
通知を非表示 ....................................................... 116
提供元不明のアプリ............................................. 137
ディスプレイ .......................................................... 29
縦/横画面表示の切り替え ................................. 35
データ使用 ........................................................... 125
データ通信を有効にする ..................................... 126
データ通信・機内モード ..................................... 125
データローミング ................................................ 167
手書き入力 .............................................................. 37
テキスト編集 .......................................................... 41
テキスト読み上げの出力 .......................... 140, 151
テザリング ........................................................... 128
かんたん接続 .................................................... 129
Bluetoothテザリング ..................................... 129
USBテザリング ............................................... 128
Wi-Fiテザリング............................................... 128
デフォルトのSMSアプリ ................................... 141
手袋タッチ ........................................................... 143
テレビ ..................................................................... 89
映像切替 .............................................................. 95
音声種別 .............................................................. 95
付録/索引
202
起動......................................................................90
ご利用にあたって ................................................89
再生......................................................................94
視聴予約...............................................................92
字幕言語...............................................................95
字幕表示...............................................................95
字幕表示位置........................................................95
終了......................................................................90
設定......................................................................94
チャンネル設定 ....................................................95
放送波 ..................................................................89
リンク ..................................................................92
録画......................................................................93
録画予約...............................................................92
テレビ視聴画面 .......................................................91
テンキーキーボード ....................................... 37, 39
ケータイ入力........................................................39
ジェスチャー入力 ................................................39
フリック入力........................................................39
2タッチ入力 ........................................................39
電源キー ..................................................................29
電源ボタンですぐにロックする ...........................130
電源を入れる ...........................................................33
電源を切る...............................................................33
伝言メモ ..................................................................67
設定......................................................................67
リスト ..................................................................67
録音......................................................................63
ON/OFF............................................................67
転送でんわサービス ................................................67
電卓 ......................................................................111
電池 ......................................................................120
充電......................................................................31
寿命......................................................................32
電池の最適化 ....................................................... 120
電池の使用量 ....................................................... 120
電話......................................................................... 61
受ける.................................................................. 63
かける.................................................................. 61
緊急通報 .............................................................. 62
待機を追加........................................................... 61
通話音量 .............................................................. 64
通話設定 .............................................................. 67
発信者番号通知 ........................................... 61, 67
プレフィックス選択 ............................................ 61
2秒間の停止を追加 ............................................. 61
電話帳 ..................................................................... 70
インデックス ....................................................... 70
インポート........................................................... 72
エクスポート ....................................................... 72
お気に入り........................................................... 71
グループ登録 ....................................................... 71
グループの利用 ................................................... 71
検索 ..................................................................... 70
削除 ..................................................................... 71
電話帳リスト ....................................................... 70
登録 ..................................................................... 70
プロフィール画面................................................ 71
編集 ..................................................................... 71
マイプロフィール................................................ 72
動画再生............................................................... 103
動画撮影画面 .......................................................... 96
動画のオート撮影機能 ......................................... 101
オートフォーカス............................................. 101
ちらつき調整 .................................................... 101
ホワイトバランス............................................. 101
動画の撮影設定.................................................... 101
撮影サイズ........................................................ 101
付録/索引
203
撮影モード ........................................................101
手ぶれ補正 ........................................................101
保存先 ...............................................................101
ライト ...............................................................101
露出/WB調整 .................................................101
HDR撮影 ..........................................................101
動画補正 ...............................................................118
時計 ......................................................................110
アラーム............................................................110
ストップウォッチ .............................................110
世界時計............................................................110
タイマー............................................................110
ドコモデータコピー .............................................112
データ移行 ........................................................112
データ保管BOXへ保存・復..........................114
microSDカードへ保存・復元..........................113
ドコモのサービス/クラウ...............................145
遠隔初期化 ........................................................145
オートGPS.......................................................145
オープンソースライセンス ...............................145
おすすめ使い方ヒント ......................................145
端末エラー情報送信..........................................145
ドコモアプリ管理 .............................................145
ドコモアプリパスワード...................................145
ドコモ位置情報 .................................................145
ドコモクラウド .................................................145
ドコモサービス初期設定...................................145
プロフィール設定 .............................................145
dアカウント設定...............................................145
USBデバッグ切替 ............................................145
ドコモメール ...........................................................73
ドコモnanoUIMカード ..........................................29
暗証番号................................................... 31, 132
取り付け...............................................................30
取り外し .............................................................. 30
ドコモnanoUIMカードスロッ........................... 29
ドラッグ.................................................................. 34
トラブルシューティング ..................................... 172
トルカ ..................................................................... 88
n
内部ストレージ.................................................... 152
なぞってコピー....................................................... 50
ナビゲーションバー..................................... 45, 143
入力方法の切り替え................................................ 40
認証ストレージの消去 ......................................... 137
ネットワーク暗証番号 ......................................... 132
ネットワークサービス ............................................ 67
ネットワークモード............................................. 168
h
パーソナルアシスト............................................. 142
パーソナルノート ................................................ 136
背面マイク .............................................................. 29
パケット接続の停止............................................. 126
パスワードの変更 ................................................ 130
パスワードを表示する ......................................... 130
パターンの変更.................................................... 130
パターンを表示する............................................. 130
はっきりボイス....................................................... 64
バックアップとリセット ..................................... 148
自動復元 ........................................................... 148
データの初期化 ................................................ 149
データのバックアップ...................................... 148
ネットワーク設定のリセット ........................... 148
バックアップアカウント .................................. 148
発信者番号通知............................................... 61, 67
付録/索引
204
発着信履歴...............................................................66
バッテリーセーバー .............................................120
パン .........................................................................34
番号通知お願いサービス .........................................67
非常用節電モード....................................................36
日付 ......................................................................150
日付と時刻............................................................150
時刻設定............................................................150
タイムゾーンの選択..........................................150
タイムゾーンを自動設定...................................150
日付設定............................................................150
日付と時刻の自動設定 ......................................150
24時間表示 ......................................................150
ぴったりボイス .......................................................64
ビデオコール
受ける ..................................................................63
かける ..................................................................61
響カット ..................................................................68
ピンチ......................................................................35
ファイル操作 ........................................................154
フォント ...............................................................140
フォントサイズ ....................................................140
ふせたらサウンドオフ..........................................115
ブックマーク ...........................................................81
削除......................................................................81
編集......................................................................81
プッシュ信号 ...........................................................64
フラッシュ...............................................................29
プリインアプリ一覧 ................................................55
フリック ..................................................................35
ブルーライトカットモード ..................................118
フルセグ ..................................................................89
プロフィール ........................................................145
便利機能 ...............................................................141
ポインタの速度.................................................... 140
防水/防塵、耐衝撃性能 ........................................ 22
ホームアプリの情報................................................ 60
ホーム画面 .............................................................. 52
アプリ一覧に戻す................................................ 53
アプリ無効化 ....................................................... 53
カスタマイズ ....................................................... 52
壁紙 ..................................................................... 53
きせかえ .............................................................. 53
削除 ..................................................................... 54
追加 ..................................................................... 54
バックアップと復元 ............................................ 59
フォルダを作成 ................................................... 52
ホーム画面一覧 ................................................... 54
ホーム画面から削除 ............................................ 53
マチキャラ設定 ................................................... 54
ホーム画面切替....................................................... 51
保証...................................................................... 179
歩数計 .................................................................. 144
本体メモリ ........................................................... 152
m
マイク ..................................................................... 29
マイプロフィール ................................................... 72
マイマガジン .......................................................... 59
マップ .................................................................. 108
マナーモード ....................................................... 116
アラームONマナー .......................................... 117
サイレントマナー............................................. 117
通常マナー........................................................ 117
マルチコネクション............................................. 124
水抜き ..................................................................... 26
迷惑電話ストップサービス ..................................... 67
メール ............................................................. 73, 75
付録/索引
205
メッセージ...............................................................73
メディアプレイヤー .............................................104
音楽/動画の再生 .............................................104
プレイリスト.....................................................106
dマーケットからの購入....................................105
メモリ...................................................................148
文字入力 ..................................................................37
音声入力...............................................................38
キーボード ...........................................................37
辞書ユーティリティ.............................................41
設定......................................................................40
定型文ユーティリティ .........................................41
テキスト編集........................................................41
持ってる間ON......................................................119
y
ユーザー ...............................................................146
ユーザー補助 ........................................................151
色反転 ...............................................................151
色補正 ...............................................................151
大きい文字サイズ .............................................151
押し続ける時間 .................................................151
おすすめ使い方ヒント ......................................151
拡大操作............................................................151
高コントラストテキスト...................................151
字幕...................................................................151
テキスト読み上げの出力...................................151
パスワードの音声出力 ......................................151
ユーザー補助のショートカッ........................151
輸出管理規制 ........................................................193
r
ライト......................................................................29
ランチャー設定.................................................... 141
リセット............................................................... 149
利用アプリの固定 ................................................ 139
留守番電話サービス................................................ 67
ロック画面 .............................................................. 48
壁紙 .................................................................. 118
ロック画面メッセージ ......................................... 130
ロック・セキュリティ ......................................... 130
ロングタッチ .......................................................... 34
w
ワンセグ.................................................................. 89
e
Androidビーム.................................................... 158
APN .................................................................... 126
Bluetooth Low Energy.................................... 158
Alert Notification .......................................... 158
Alert Notification詳細設定 ........................... 158
Find Me通知音 ................................................ 158
Find Me通知音選択......................................... 158
Proximity ........................................................ 158
Time ................................................................158
Bluetoothアンテナ部............................................ 28
Bluetooth通信 ................................................... 155
機能ONOFF................................................. 156
接続 .................................................................. 156
接続解除 ........................................................... 157
データ送受信 .................................................... 157
名前を変更........................................................ 157
ペア設定 ........................................................... 156
ペアリング解除 ................................................ 157
Bluetoothテザリング......................................... 129
付録/索引
206
Chrome..................................................................80
新しいブラウザウィンドウを開く .......................81
印刷......................................................................82
画像を保存 ...........................................................82
画面操作...............................................................80
シークレットタブ ................................................81
設定......................................................................82
登録......................................................................81
なぞってコピー ....................................................82
表示......................................................................80
ブックマーク........................................................81
履歴......................................................................81
リンク操作 ...........................................................82
dマーケット ............................................................83
dメニュ................................................................83
DiXiM Player .....................................................162
DLNA...................................................................162
デジタル録画番組を再生...................................164
配信...................................................................163
本端末で再生.....................................................164
DiXiM Serverの設定 .......................................162
DLNA対応機器で再生 ......................................163
docomo LIVE UX .................................................52
Dolby Audio .......................................................117
FAQ .....................................................................172
FMトランスミッタ...............................................142
FOMAアンテナ部 ...................................................29
Gmail ......................................................................75
表示......................................................................75
Google ................................................................139
Google検索 .........................................................111
Googleマップ......................................................108
Google Play ..........................................................83
GPSアンテナ部 ......................................................29
iDアプリ ................................................................. 88
microSDカード .................................................. 152
写真の転送(PTP).......................................... 160
データ消去........................................................ 148
取り付け ........................................................... 153
取り外し ........................................................... 153
パソコンから操作............................................. 160
ファイル転送 .................................................... 160
フォーマット .................................................... 148
microSDカードスロット....................................... 29
Miracast ............................................................ 165
NFC通信 ............................................................. 158
NFC Type設定 ................................................... 86
NFC/おサイフケータイ ロッ ........................... 87
解除 ..................................................................... 88
NX!メール .............................................................. 76
PINコード ........................................................... 132
設定 .................................................................. 138
入力 .................................................................. 138
変更 .................................................................. 138
PINロック解除コード(PUK)............................ 132
PINロックの解除 ................................................ 138
Playストア............................................................. 83
アプリのインストール......................................... 84
アプリの削除 ....................................................... 84
QRコードリーダー .............................................. 102
読み取り ........................................................... 102
QWERTYキーボード ............................................. 37
RGBセンサー ......................................................... 28
SAR..................................................................... 188
Scene ................................................................. 103
SIMカードロック設定......................................... 138
SIMロック解除.................................................... 197
Smart Lock ....................................................... 136